2014年12月26日 15時00分 UPDATE
特集/連載

新しい環境に対応せよWi-Fi新規格「IEEE 802.11ac」を復習して考える無線LANセキュリティのリアル

今では高速無線技術が広く普及しているが、ネットワークのセキュリティポリシーはその流れに対応できているだろうか。

[David B. Jacobs,TechTarget]
tt_yo_2014_1226_80211ac.jpg

 Wi-Fi規格「IEEE 802.11ac」が承認されてからほぼ1年になる。無線LANは大幅に高速化しているが、ギガビット無線LANを支えるセキュリティ規格は変わっていない。「802.11g」や「802.11n」でサポートされてきた暗号化プロトコル「WPA2」が依然として使用されている。だが、新規格の標準化に加えてモバイルデバイスの利用拡大と機能向上を背景に、ネットワーク管理者は自社のネットワークの無線セキュリティポリシーの見直しを迫られている。

「802.11ac」で何が変わるのか

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

「Ameba」がMomentumのアドベリフィケーションツールと連携
サイバーエージェントは、Momentumが提供するアドベリフィケーションツール「BlackSwan」...

無料DMP「Juicer」がインティメート・マージャーと広告配信で連携
PLAN-Bは、同社が無料で提供するユーザー分析DMP「Juicer」において、インティメート・マ...

news109.jpg

特定の業種に向けて広告を配信、Geolocation Technologyが「業種バナージャック」を提供
Geolocation Technologyは、IPアドレスを解析しユーザー属性を特定することで指定した業...