2014年12月26日 15時00分 UPDATE
特集/連載

新しい環境に対応せよWi-Fi新規格「IEEE 802.11ac」を復習して考える無線LANセキュリティのリアル

今では高速無線技術が広く普及しているが、ネットワークのセキュリティポリシーはその流れに対応できているだろうか。

[David B. Jacobs,TechTarget]
tt_yo_2014_1226_80211ac.jpg

 Wi-Fi規格「IEEE 802.11ac」が承認されてからほぼ1年になる。無線LANは大幅に高速化しているが、ギガビット無線LANを支えるセキュリティ規格は変わっていない。「802.11g」や「802.11n」でサポートされてきた暗号化プロトコル「WPA2」が依然として使用されている。だが、新規格の標準化に加えてモバイルデバイスの利用拡大と機能向上を背景に、ネットワーク管理者は自社のネットワークの無線セキュリティポリシーの見直しを迫られている。

「802.11ac」で何が変わるのか

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...

news012.jpg

スマホネイティブの情報収集行動は「スクショ」「いいね!」――博報堂調べ
「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」の結果が発表されました。スマートフォンの...