2014年12月26日 15時00分 UPDATE
特集/連載

新しい環境に対応せよWi-Fi新規格「IEEE 802.11ac」を復習して考える無線LANセキュリティのリアル

今では高速無線技術が広く普及しているが、ネットワークのセキュリティポリシーはその流れに対応できているだろうか。

[David B. Jacobs,TechTarget]
tt_yo_2014_1226_80211ac.jpg

 Wi-Fi規格「IEEE 802.11ac」が承認されてからほぼ1年になる。無線LANは大幅に高速化しているが、ギガビット無線LANを支えるセキュリティ規格は変わっていない。「802.11g」や「802.11n」でサポートされてきた暗号化プロトコル「WPA2」が依然として使用されている。だが、新規格の標準化に加えてモバイルデバイスの利用拡大と機能向上を背景に、ネットワーク管理者は自社のネットワークの無線セキュリティポリシーの見直しを迫られている。

「802.11ac」で何が変わるのか

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news147.gif

富士通がタグマネジメントのTealiumとデジタルマーケティング事業で協業
富士通はタグマネジメント事業大手のTealiumとデジタルマーケティング事業で協業すること...

news115.jpg

Salesforce.comが人工知能を活用したECプラットフォームを提供開始
Salesforce.comは「Salesforce Commerce Cloud」を提供することを発表した。Commerce Clo...

news148.jpg

Supership、独自データと位置情報を掛け合わせたオーディエンス広告配信を提供開始
Supershipは2016年9月29日、位置情報に基づいた効果的な広告配信を実現する「Supership G...