2013年10月08日 08時00分 公開
特集/連載

次世代Wi-Fi「802.11ac」、“ギガビット”なのは半径3メートルのみ最大1.3Gbpsの通信が可能だが……

“ギガビット無線LAN”の異名を取る次世代無線LAN規格「IEEE 802.11ac」は、通信速度の高速さがウリだ。ただし、環境によってはその実力を十分に発揮できないことが分かってきた。

[Gina Narcisi,TechTarget]

 現在ドラフト段階にある無線LAN規格「IEEE 802.11ac」は、企業LAN内の端末がますます増加していることを踏まえ、データ伝送速度の向上と帯域幅の拡大を実現する。だが企業は、802.11acが高い周波数のチャンネルに依存しているため、この規格の無線LAN機器では電波範囲が狭くなることを学びつつある。

 “ギガビット無線LAN”とも呼ばれる802.11acは、1.3Gbpsの最大スループットや複数の高精細ストリームの同時送信を実現するが、5GHz近辺の周波数帯域(5GHz帯)でしか動作しない。5GHz帯のチャネル(通信に必要な帯域幅で区切られた周波数帯域)は、802.11acが端末と無線LANアクセスポイント間の伝送速度を高めるために必要な帯域をまかなう。だが5GHz帯のチャネルは、広く使われている2.4GHz帯(2.4Ghz近辺の周波数帯域)のチャネルよりも電波範囲が狭い。

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...