2013年10月08日 08時00分 公開
特集/連載

次世代Wi-Fi「802.11ac」、“ギガビット”なのは半径3メートルのみ最大1.3Gbpsの通信が可能だが……

“ギガビット無線LAN”の異名を取る次世代無線LAN規格「IEEE 802.11ac」は、通信速度の高速さがウリだ。ただし、環境によってはその実力を十分に発揮できないことが分かってきた。

[Gina Narcisi,TechTarget]

 現在ドラフト段階にある無線LAN規格「IEEE 802.11ac」は、企業LAN内の端末がますます増加していることを踏まえ、データ伝送速度の向上と帯域幅の拡大を実現する。だが企業は、802.11acが高い周波数のチャンネルに依存しているため、この規格の無線LAN機器では電波範囲が狭くなることを学びつつある。

 “ギガビット無線LAN”とも呼ばれる802.11acは、1.3Gbpsの最大スループットや複数の高精細ストリームの同時送信を実現するが、5GHz近辺の周波数帯域(5GHz帯)でしか動作しない。5GHz帯のチャネル(通信に必要な帯域幅で区切られた周波数帯域)は、802.11acが端末と無線LANアクセスポイント間の伝送速度を高めるために必要な帯域をまかなう。だが5GHz帯のチャネルは、広く使われている2.4GHz帯(2.4Ghz近辺の周波数帯域)のチャネルよりも電波範囲が狭い。

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...