2015年01月19日 15時00分 UPDATE
特集/連載

カギとなるのはIT担当者の「鑑識眼」「IoT+ウェアラブル」をカッコイイだけで終わらせないビジネス活用のポイント

IoT(モノのインターネット)デバイスは、企業が実用的なデータを生成することに注力しなければ、単なる目新しい試みで終わる可能性がある。

[Lauren Horwitz,TechTarget]
0119_kf_iot_190.jpg

 ハードウェアベンダーとソフトウェアベンダーは、こぞってIoT(Internet of Things、モノのインターネット)とウェアラブル端末を活用すべく試行錯誤している。業界の専門家によれば、このようなデバイスが企業の実験レベルを脱して、投資対効果(ROI)を高めるには、CIO(最高情報責任者)やその他の技術者の鑑識眼が必要だという。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news075.jpg

インティメート・マージャー、B2B向けリードジェネレーションツール「Select DMP」の提供を開始
インティメート・マージャーは、B2B向けのリードジェネレーションを目的としたニーズ検知...

news071.jpg

サイバーエージェント、サイト滞在時間を最大化するDSP「Skyrocket」を提供
サイバーエージェントは、サイト滞在時間を最大化するDSP「Skyrocket」の提供を開始した...

news023.jpg

2018年上半期、テレビで最も長時間話題になったのは「北朝鮮情勢」(181時間56分14秒)――エム・データ調べ
エム・データは、「2018年上半期TVニュースランキング」を発表しました。