2015年01月19日 15時00分 UPDATE
特集/連載

カギとなるのはIT担当者の「鑑識眼」「IoT+ウェアラブル」をカッコイイだけで終わらせないビジネス活用のポイント

IoT(モノのインターネット)デバイスは、企業が実用的なデータを生成することに注力しなければ、単なる目新しい試みで終わる可能性がある。

[Lauren Horwitz,TechTarget]
0119_kf_iot_190.jpg

 ハードウェアベンダーとソフトウェアベンダーは、こぞってIoT(Internet of Things、モノのインターネット)とウェアラブル端末を活用すべく試行錯誤している。業界の専門家によれば、このようなデバイスが企業の実験レベルを脱して、投資対効果(ROI)を高めるには、CIO(最高情報責任者)やその他の技術者の鑑識眼が必要だという。

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

「辛ラーメン」は「カップヌードル」の2倍超、訪日中国人の食品認知率――ヴァリューズ調べ
ヴァリューズは「中国人の食品ブランド認知・購入状況調査」を実施しました。

news007.jpg

電通デジタル、日本企業のデジタルトランスフォーメーション&デジタルマーケティングに関する調査を実施
電通デジタルが実施した「デジタルトランスフォーメーションとデジタルマーケティングの...

news048.jpg

Facebook活用で地方創生、神戸市の取り組みで見えた成果と課題とは?
フェイスブック ジャパンと神戸市が2018年7月に提携した「地域経済・地域コミュニティ活...