2015年04月03日 12時00分 UPDATE
特集/連載

現時点では意味がないパートナーシップ?Googleとのクラウド連携に見る、VMwareの「vCloud Air」への本気度

米Googleのクラウド機能を米VMwareの「vCloud Air」に組み込むことで合意されたのは、大きなニュースだ。だが、パブリッククラウドを使っていない企業にとってはあまり実用的なものではないとの見方がある。

[Trevor Jones,TechTarget]
jo_tt_150403_virtual.jpg

 米Googleのクラウド機能を米VMwareのクラウドプラットフォームに組み込むことは、双方のメリットになるというのが大方の見方だった。だが、自社のデータセンター外にワークロードを移すことを警戒する企業にとって、このクラウドベンダーのパートナーシップは転機になりそうもない。

 VMwareの「vCloud Air」ユーザーは、2015年後半にGoogleの「Google Cloud Platform」の機能を使えるようになる。これは、VMwareのプラットフォームにパブリッククラウドの主要機能を追加して、企業のIT部門におけるGoogleの存在感を示すための取り組みの一環である。オンプレミスでVMwareの製品を利用している企業は、この2社の合意を望ましい方向への前進だと見ている。だが、業務への影響はさほどないと考えている。

「vCloud Air」ユーザーですら得をしない?

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news063.png

クラウドワークス、法人向けマーケティング支援サービス「Forge」の提供を開始
クラウドワークスは、法人向けマーケティング支援サービス「Forge」の提供を開始した。

news021.jpg

誤解されたCPA――Web広告とKPI その1
Web広告のKPIをどう設計するかは多くの企業の重要課題。今回はCPAの正しい考え方について...

news061.png

サムライト、業務を依頼するフリーランサーの福利厚生制度入会費を全額負担
サムライトは、同社が業務を依頼するフリーランサーを対象に、プロフェッショナル&パラ...