2015年04月03日 12時00分 UPDATE
特集/連載

特選プレミアムコンテンツガイド今どきPCは2年で買い替えが当たり前? 失敗しない企業向けPCの選び方

PCの買い替えサイクルは従来「3〜4年」が一般的だった。だが近年では「2年ごとの買い替えが妥当」とする意見もある。また、業務の生産性にも直結する企業向けPCの選び方は実はあまり知られていない。

[TechTargetジャパン]

関連キーワード

Windows 10 | Chromebook | 教育IT


ik_tt_pc01.jpg クリックでダウンロードページヘ

 PCはこれまで「3〜4年」ごとの買い替えが一般的だった。だが、ビジネススピードの加速やワークスタイルの変革などに伴い、ITを取り巻く環境は大きく変化している。そうした中、果たして従来型の買い替えサイクルが得策といえるのだろうか。近年では、「2年ごとの買い替えが妥当」とする意見もある。その根拠と効果について考察する。

 また、ビジネス用PCと一般用PCの違いをご存じだろうか。製品自体の違いはもちろんのことだが、選び方にも違いがあるのである。ビジネス用PCの選び方は、業務の生産性に直結するにもかかわらず、実はあまり知られていないのが現状だ。

 本資料では、PCの買い替えサイクルについてあらためて考えるとともに、失敗しないビジネス用PCの選び方について分かりやすく説明する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

日本の消費者の94%が広告ブロックソフトの利用を検討、動画広告のアンルーリーが調査
動画SSPを提供するアンルーリーは、「動画広告の将来に関する調査」を実施。日本の消費者...

news007.jpg

アナログなマーケティングをグレードアップ、無料でどこまでできるか
マーケティングオートメーション(MA)とは名ばかりの不完全なツールも少なくない背景に...

news064.jpg

電通とリクルートホールディングス、訪日外国人向けマーケティング領域で協業開始
電通とリクルートホールディングスは、訪日外国人向けマーケティング領域での協業を開始...