2015年07月17日 15時00分 UPDATE
特集/連載

伊セキュリティ企業からの情報漏えいで発覚「Flash」はもう怖くて使えない? 相次ぎ発見される脆弱性で心配の声

伊Hacking Teamの情報漏えい事件から発覚した「Adobe Flash Player」に関する脆弱性が問題となっている。セキュリティ専門家らは、被害の拡大に警戒を強めている。現在の状況と今後の見通しを整理する。

[Maxim Tamarov,TechTarget]
0717_kf_flash.jpg Flash Playerに関するセキュリティ情報《クリックで拡大》

 イタリアのセキュリティ企業であるHacking Teamの情報漏えい事件から、「Adobe Flash Player」に関して2つのゼロデイ脆弱性が発見された。セキュリティ専門家らは悪意ある活動の阻止に奔走する一方で、脆弱性の数はさらに増える恐れがあると警戒する。

 トレンドマイクロのピーター・パイ氏と米FireEyeのデーネシュ・キザキアン氏は、「CVE-2015-5123」と「CVE-2015-5122」の脆弱性について報告した。米Adobe Systemsはセキュリティ情報(APSA15-04)を公開しており、深刻度は4段階基準で最高の“Critical”で、悪用されるとシステムをクラッシュされたり、システムを乗っ取られる恐れがあると警告している。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

マーケティングオートメーション、8割の企業がつまずく「導入後」の話
苦労の末に社内の合意を取り付け、ようやくマーケティングオートメーション導入が実現。...

news088.jpg

Jストリーム、360度動画の制作配信サービスを提供開始
動画配信のJストリームは、360度動画の制作およびライブ/オンデマンド配信を行う「J-Str...

news039.jpg

SSP「fluct」、ユーザー企業にモバイルアプリ向けマーケティングツール「Repro」を提供開始
fluctはReproと提携し、SSP「fluct」を利用するアプリディベロッパーに対し、モバイルア...