2015年07月28日 15時00分 UPDATE
特集/連載

あの注目のSDNプロトコルは今誰も話題にしなくなったOpenFlow、それでもSDNは前へ進む (1/2)

SDNとOpenFlowは、かつてはほとんど同義だった。だが今では、OpenFlowはいかにも影が薄い。この変化はネットワーク担当者にとって重要な教訓だ。

[Doug Marschke,TechTarget]

 「SDN」と「OpenFlow」はしばらくの間、同列に考えられていた。ネットワークの専門家がSDN(Software Defined Networking)という言葉を盛んに使い始めた頃、OpenFlowも併せて取り上げるのが常だった。しかし今では、SDNが話題に上っても、OpenFlowは言及すらされないことが多い。かつては注目度が高かったこのSDNプロトコルはどうなったのか。悪いアイデアだったのか。OpenFlowはもう過去のものになってしまったのだろうか。

 こうした疑問に答えを出すため、まず、OpenFlowが何を目指していたのかを確認しよう。OpenFlowプロトコルの仕様を管理する非営利の標準化団体Open Networking Foundation(ONF)は、次のように述べている。

OpenFlowとは何だったのか

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news123.jpg

サイバーエージェント、レコメンドエンジンに人工知能を用いたテキスト解析技術を応用
サイバーエージェントのエディトリアルアドスタジオは、レコメンド エンジンの技術開発に...

news098.jpg

「WeChat」など中国の主要ソーシャルメディアへの広告出稿、テンセントIBGが日本企業向け支援サービス提供
テンセントIBGは、訪日中国人観光客の急増によるビジネス機会の獲得を目指す日本企業を対...

news115.jpg

2020年度にはCRM市場の4割弱がクラウド型に――ミック経済研究所が予測
ミック経済研究所は、CRM分野におけるクラウド型市場の現状と中期予測をまとめた「クラウ...