2015年08月12日 15時00分 UPDATE
特集/連載

後発のVMwareが苦戦している理由注目度“高”のハイパーコンバージド市場、VMwareの「EVO:RAIL」に勝算は?

VMwareが「EVO:RAIL」と「EVO:RACK」でハイパーコンバージドインフラ市場に参入する。問題は競合製品との差別化だ。VMwareの参入はVDIを導入する企業にとって何を意味するのか。

[Eddie Lockhart,TechTarget]

関連キーワード

VMware | Software-Defined Data Center


tt_aa_kaigai.jpg 米EMCが2015年2月に発表したハイパーコンバージドインフラ「VSPEX BLUE」《クリックで拡大》

 米VMwareのハイパーコンバージド(超垂直統合型)インフラストラクチャアプライアンス「EVO:RAIL」と「EVO:RACK」は、VDI(仮想デスクトップ基盤)を念頭に設計された製品だ。既存の環境に追加するだけで、すぐにVDI環境を実現できる。ただし、これらのVMware製品には顧客の採用を妨げかねない問題点も幾つかある。

 ハイパーコンバージドインフラはそのシンプルさから、急速に人気を高めている。すぐに導入でき、既存のインフラとの連係も可能で、スケーリングも容易だ。米Nutanix、米SimpliVity、米Scale Computingなどは早くからこの分野に進出し、今では市場のトップに立っている。VMwareは2014年8月、EVO:RAILでハイパーコンバージドインフラ市場に参入。2015年にはEVO:RACKを投入し、製品ラインアップを拡充する方針だ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

広告運用で本当に必要とされる自動化とは何か?
プラットフォームの自動化技術が進み、日本の広告運用の現場にもようやく浸透し始めてい...

news020.jpg

「動画広告を運用する」とは、そもそもどういうことなのだろうか?
ブランディング目的で活用する動画広告をどう運用するか。そのそも広告を運用するとはど...

news075.jpg

インティメート・マージャー、B2B向けリードジェネレーションツール「Select DMP」の提供を開始
インティメート・マージャーは、B2B向けのリードジェネレーションを目的としたニーズ検知...