2015年11月19日 08時00分 UPDATE
特集/連載

デジタル時代のERP再考(2)インメモリやクラウドが経営を変える ERPの「リアルタイム経営」が生み出す新たな価値 (1/2)

インメモリやクラウドなどの技術の登場により、リアルタイムアナリティクスが可能になりつつある。リアルタイムアナリティクスによって、私たちの仕事や生活はどのように変わるのだろうか。

[家田恵,アクセンチュア]
tn_tt_erp.jpg これからはリアルタイムにデータを分析し、経営に生かすことが重要になる

 「リアルタイム経営」が重要だといわれるようになって久しい。ビジネスに関わるあらゆるレイヤー、あらゆる役割の人が必要な情報を瞬時に入手することができ、それに基づいて最適な判断がその場でできるようにすること。さらに判断からアクションまでのスピードをリアルタイムに近づけることが、目まぐるしく変化する市場で生き残るために必要とされている。このリアルタイム経営の実現を可能にするものの1つに、「リアルタイムアナリティクス」がある。

 時々刻々と生み出されるデータを捉え、分析し、原因の追究が必要なら原始データにさかのぼり、現在の傾向から次に起こることを予測する。そのようなリアルタイムアナリティクスを実現するための技術やさまざまなアプリケーションが既に世の中に出ているが、活用は進んでいるのだろうか。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news147.jpg

マイクロアド関連会社、上海発の訪日クルーズ船内で日本の商品を販促
マイクロアド・インバウンド・マーケティングは中国の訪日クルーズ船と提携し、上海から...

news136.jpg

「KANADE DSP」が機械学習を活用してコンバージョン獲得コストの自動最適化機能を強化
京セラコミュニケーションシステムは「KANADE DSP」において、コンバージョン獲得コスト...

news131.jpg

日本のマーケターはプログラマティックとソーシャルに積極的、AdRollが調査
AdRoll日本法人は、日本のプログラマティック(運用型広告/データに基づくリアルタイム...