2016年02月12日 12時00分 UPDATE
特集/連載

特選プレミアムコンテンツガイド仮想環境で軽視されがちなハードウェア、障害対策は万全?

仮想化ではハードウェアが軽視されがちだ。しかし、可用性を確保する機能を使っても、全てのハードウェア障害が回避できるとは限らない。仮想環境では、可用性だけでなく障害も考慮して設計する必要がある。

[TechTargetジャパン]
仮想環境で軽視されがちなハードウェア、障害対策は万全?

 ライブマイグレーションやフォールトトレランス、高可用性、冗長化などの技術が広く利用されるようになり、ハードウェア障害はあまり話題に上らなくなっている。そこで、注目されているのはアプリケーションやシステムの可用性だ。障害ではなく可用性の観点から設計、構成、インストールをするわけである。ただ、その場合は「ハードウェアが故障したら、何が起こるのか」を見極める必要がある。

 可用性を考慮した設計における思考プロセスは、障害を考慮した設計の場合とは全く違う。その違いを理解することが仮想化を成功させる鍵となる。

 さらに、サーバ仮想化では、大規模なサーバクラスタを1つ構築するのと、小規模なサーバクラスタを複数構築するのとではどちらが良いのだろうか。ハードウェアにおけるサーバクラスタリングの制限についても考察した。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


ITmedia マーケティング新着記事

news025.jpg

AIなどが生む新サービスへの興味度、4カ国比較で日本が最下位――博報堂DYメディアパートナーズ調査
テクノロジーによって生活を変える55の新しいサービスへの興味度において、日本は調査対...

news133.jpg

Facebook広告のLift APIを活用した新しい広告運用手法、セプテーニが構築
セプテーニは「Lift API」を活用した新しい広告運用手法「Conversion Lift Based Optimiz...

news055.jpg

日本人がまだよく知らないYextと「DKM」のこと
2018年10月に米国ニューヨークで開催された「ONWARD18」の概要を紹介する。