2016年02月12日 12時00分 UPDATE
特集/連載

特選プレミアムコンテンツガイド仮想環境で軽視されがちなハードウェア、障害対策は万全?

仮想化ではハードウェアが軽視されがちだ。しかし、可用性を確保する機能を使っても、全てのハードウェア障害が回避できるとは限らない。仮想環境では、可用性だけでなく障害も考慮して設計する必要がある。

[TechTargetジャパン]
仮想環境で軽視されがちなハードウェア、障害対策は万全?

 ライブマイグレーションやフォールトトレランス、高可用性、冗長化などの技術が広く利用されるようになり、ハードウェア障害はあまり話題に上らなくなっている。そこで、注目されているのはアプリケーションやシステムの可用性だ。障害ではなく可用性の観点から設計、構成、インストールをするわけである。ただ、その場合は「ハードウェアが故障したら、何が起こるのか」を見極める必要がある。

 可用性を考慮した設計における思考プロセスは、障害を考慮した設計の場合とは全く違う。その違いを理解することが仮想化を成功させる鍵となる。

 さらに、サーバ仮想化では、大規模なサーバクラスタを1つ構築するのと、小規模なサーバクラスタを複数構築するのとではどちらが良いのだろうか。ハードウェアにおけるサーバクラスタリングの制限についても考察した。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

佐藤尚之氏が語る、新規獲得が難しい時代だからこそ「ファン」を大切にすべき理由
これからのマーケティングが「ファンベース」であるべき理由とは何か。コミュニケーショ...

news134.jpg

Oracle、IBM、Adobeが語るデジタルマーケティングの新潮流
主要マーケティングツールベンダーは現在のマーケティングトレンドをどう見ているのか。...

news112.jpg

KDDI、ショッピングモール「Wowma!」出店店舗の中国向け越境EC参入をサポート
KDDIは、越境ECプラットフォーム「豌豆 (ワンドウ) プラットフォーム」を運営するInagora...