2016年02月29日 18時00分 UPDATE
特集/連載

「iTeachers TV」最新番組紹介“左利き用画面”も気軽に実現 桜丘中高が実感した「iPadアプリ自前開発」の利点とは

教育機関の教職員自ら校務支援アプリケーションを開発する桜丘中学・高等学校。利用者が開発者を兼ねることのメリットとは何か? 同校職員の西岡朱里氏が説明します。

[TechTargetジャパン]

関連キーワード

教育IT | iTeachers | 教育


桜丘中学・高等学校の西岡朱里氏 iTeachers TV第36回は、桜丘中学・高等学校の西岡朱里氏が登場《クリックで拡大》

 2013年、Appleのタブレット「iPad」を専任教職員に1人1台支給した桜丘中学・高等学校(東京都北区)。同校はiPadに加え、ドラッグアンドドロップといった簡単な作業でデータベースアプリケーションが開発できるツール「FileMaker」(開発:ファイルメーカー)を導入し、教職員自らiPad校務支援アプリを開発しています。そのけん引役が、同校入試対策課の西岡朱里(じゅり)氏です。

 入試業務支援アプリを中心に、数々の校務支援アプリを開発してきた西岡氏。小回りの利く自前開発の利点を生かし、現場からの要望を極力反映しているそうです。例えば教職員に左利きの人が多かったことから、左利き用の画面を用意した例もあるとのこと。パッケージシステムの導入や開発会社への委託では難しい、細かな配慮を可能にしています。

 週替わりのコーナー「教育ICTなんでも3ミニッツ」には、デジタルハリウッド大学の栗谷幸助准教授が登場。ゲームを用いた学びの可能性について解説します。学びの場でゲームというと、ネガティブな印象も持つ人もいるのではないでしょうか。ただし最近では、ゲームの要素を用いて楽しく学べるようにする「ゲーミフィケーション」の手段が充実しており、活用する価値はあるのではないかと栗谷准教授は提案します。詳しくは番組をご覧ください。

 TechTargetジャパンの会員登録/ログイン後、下の「次へ」ボタンをクリックすると番組が閲覧できます。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news123.jpg

サイバーエージェント、レコメンドエンジンに人工知能を用いたテキスト解析技術を応用
サイバーエージェントのエディトリアルアドスタジオは、レコメンド エンジンの技術開発に...

news098.jpg

「WeChat」など中国の主要ソーシャルメディアへの広告出稿、テンセントIBGが日本企業向け支援サービス提供
テンセントIBGは、訪日中国人観光客の急増によるビジネス機会の獲得を目指す日本企業を対...

news115.jpg

2020年度にはCRM市場の4割弱がクラウド型に――ミック経済研究所が予測
ミック経済研究所は、CRM分野におけるクラウド型市場の現状と中期予測をまとめた「クラウ...