2016年04月20日 15時00分 UPDATE
特集/連載

身代金を支払ってしまったケースも病院がランサムウェアに狙い撃ちされる“簡単で奥深い”理由

ランサムウェアは、コンピュータシステムをフリーズさせ、復旧と引き換えに身代金を要求する不正プログラムだ。米国では春先から、ランサムウェアの被害に見舞われる病院が増えている。

[Jason Sparapani,TechTarget]
画像 ランサムウェアは画面ロックや暗号化でファイルをアクセス不可にし、復旧と引き換えに被害者に身代金を要求する(出典:マカフィー公式ブログ「身近な脅威となったランサムウェア」)《クリックで拡大》

 ランサムウェア(身代金要求型不正プログラム)の被害に見舞われる病院が増えている。ケンタッキー州のMethodist Hospitalや、カリフォルニア州のChino Valley Medical Center、Desert Valley Hospital、Alvarado Hospital Medical Center、インディアナ州のKing's Daughters Health。これらはランサムウェアの被害に遭った医療機関のごく一部だ。災難に遭った病院は全て、何らかの形でネットワークが一時的に不通になった。中にはHollywood Presbyterian Medical Centerのように身代金を支払った病院もある。

ハッカーにとって効果的な稼ぎ方

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...