2016年06月01日 12時00分 UPDATE
特集/連載

POSマルウェア「Pro POS」を考察欠陥だらけの「POSレジ攻撃ウイルス」が感染を広げた2つの理由

POSマルウェアである「Pro POS」は欠陥だらけであることが専門家の調べで分かった。にもかかわらず、Pro POSの攻撃が成功してしまう理由とは何か。どうすれば防げるのか。

[Nick Lewis,TechTarget]

関連キーワード

POS | Cisco Systems | 脆弱性 | セキュリティ対策


POSシステム 攻撃者の魔の手はPOSシステムにも《クリックで拡大》

 最近広まったPOS(販売時点情報管理)システムを狙ったマルウェアの一種「Pro POS」は、攻撃者にとって入手や利用が非常に容易で、専門家が当初考えたよりもはるかに洗練度が低い――。Cisco Systemsのセキュリティ研究者が発見した事実だ。

 Pro POSは単純であるにもかかわらず、なぜ企業は感染を防げなかったのか。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

日本の「アドフラウド」「ブランドセーフティー」「ビューアビリティー」の現状――IAS調べ
せっかく出稿した広告の半分以上がムダ打ちになっている? いいのか、これで(いや、よ...

news020.jpg

ナイキジャパンからアダストリアへ移って学んだこと――久保田 夏彦氏:前編
ナイキジャパンで「NIKE.jp」や「NIKE iD」の立ち上げを担い、2016年に「グローバルワー...

news144.jpg

オフライン広告の効果可視化とマーケターの働き方改革に向け、サイカとインテージが業務提携
サイカとインテージは業務提携を行い、オフライン広告の効果測定における汎用的な分析ソ...