2016年07月04日 12時00分 UPDATE
特集/連載

データサイエンティストたちが注目Twitterも使っている「深層学習」ツール、普及の鍵は? (1/2)

多くの企業では、これまでに収集してきたあらゆる非構造化データを活用する方法を探している。深層学習アプリケーションがこのような企業の要求を満たす一助となるかもしれない。

[Ed Burns,TechTarget]
図 Twitterは深層学習に、Googleが開発した機械学習プラットフォーム「TensorFlow」を利用している(出典:Google「Open Source Blog」)《クリックで拡大》

 Twitterで働くヒューゴ・ラ・ロシェル氏の仕事は、ソーシャルネットワークのユーザーがどのようにつながっていて、何に興味を引かれるのかについて理解を深めることだ。その目的は、ツイート、画像、動画などのコンテンツを分類して宣伝することにある。この目的を達成するために、ラ・ロシェル氏と彼の同僚のデータアナリストは、新興テクノロジーの深層学習ツールを使っている。

高度なデータ分析の領域で注目される深層学習

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news089.jpg

Fringe81田中 弦氏×ヘイ佐俣 奈緒子氏 強い組織はプロダクトマネジメント視点で作る
Web業界で注目される気鋭の起業家2人が、組織や働き方のこれからについて語り合った。

news020.jpg

無料のデジタルコンテンツが有料になったら中高生の8割は「他の無料コンテンツを探す」――MMD研究所調査
MMD研究所とテスティーは共同で、中高生のデジタルコンテンツの利用と消費に関する調査を...

news018.jpg

「辛ラーメン」は「カップヌードル」の2倍超、訪日中国人の食品認知率――ヴァリューズ調べ
ヴァリューズは「中国人の食品ブランド認知・購入状況調査」を実施しました。