2016年07月25日 09時00分 UPDATE
特集/連載

クリニックの無線LAN設定、お悩み解決塾【第1回】クリニックの無線LAN構築、まずはルーターを集約してネットワークを整理しよう (1/2)

「無線LANルーターを入れたのに思ったような通信速度が出ない」という医療現場の声を解決するには、ベンダー任せだけでは限界があるものです。まずは院内にあるルーターの数と設置場所を見直してみませんか。

[馬場大介,iOSコンソーシアム]

連載について

スマートフォンやタブレット端末は多くの医療機関で活用が進んでいます。しかし導入の際に大きな課題となるのが無線LAN設定。思ったような通信速度が出なかったり、アクセスポイントやセキュリティ設定に苦労したりと、無線LANの導入と無線機器の設定にはさまざまなトラブルが起こりやすいものです。本連載では、クリニックや中小規模病院における無線LANの導入をテーマに「ここが困った」を解消する情報をお届けします。


 スマートフォンやタブレット端末が普及するとともに、医療現場でも「iPhone」「iPad」などを使いたいという医療従事者のニーズが高まっています。導入に際して検討しなくてはいけないことは幾つかありますが、中でも無線LANの構築は大きな課題の1つでしょう。

 クリニックや中小規模病院では、医療情報システムごとに院内ネットワークを構築しているケースも多く、タブレット端末のために無線LANを追加するとしても医療情報システムごとに個別に相談しなくてはいけないケースも散見されます。

 医療情報システムベンダーも自社のシステムしか責任を持てないため、医療機関が無線LANを導入しようとしたら、医療情報システムごとに別々の無線LANアクセスポイント(以下、無線AP)を導入することになったという話もよく聞きます。

 筆者がある医療機関から「無線LANを入れたけれど通信が安定しないから見てほしい」と依頼を受けて訪問したケースでは、受付のテーブルの下に無線APが2台隣合わせに置いてあったので、「取りあえずテーブルの下から出して“見通しのいいところ”に無線APを“離して”置いて様子を見てください」とアドバイスしたことがありました。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...