2016年07月27日 15時00分 UPDATE
特集/連載

Web検索から金融、不正対策まで誰でも使える「機械学習」があらゆるビジネスを変える

企業は今こそ機械学習の採用を検討し、最新のトレンドである高度な分析テクノロジーのメリットを享受すべきである。

[Ed Burns,TechTarget]
図 Googleが開発した機械学習プラットフォーム「TensorFlow」(出典:Google「Open Source Blog」)《クリックで拡大

 最近、分析の世界で機械学習アルゴリズムと人工知能ツールが注目を集めている。業界の専門家や経験豊富なユーザーに言わせれば、これらのテクノロジーは称賛に値するものだという。

 「機械学習モデルと人工知能モデルを採用する影響は大きい。自社製品でこうしたテクノロジー使用する方法を考えていないなら検討すべきだろう」とGoogle上級研究者のジェフ・ディーン氏は述べる。なお、同氏はGoogleのオープンソース機械学習プラットフォーム「TensorFlow」の開発指揮を執った人物だ。

誰でも使用できる機械学習

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

訪日中国人向けマーケティング、出発前から帰国後までの施策をアライドアーキテクツとSnSnapがパッケージ化
アライドアーキテクツはSnSnapと共同で、訪日中国人観光客に対するインバウンドプロモー...

news034.png

Twitterにおけるユーザー投稿を動画広告に反映、サイバーエージェント子会社がサービス提供
サイバーエージェント子会社のCyberBullはTwitterと連携し、ユーザー投稿を動画に反映で...

news044.jpg

B2Bでもやはり「動画」、日本HPとHDEのマーケティング責任者が語る活用事例
「PLAY 2017 Tokyo」から、「B2B 動画マーケティング最前線」と題したパネルディスカッシ...