2016年11月10日 08時00分 UPDATE
特集/連載

各社のUCアプリがiOSデバイスとの連係を強化iPhoneの「電話」から通話アプリ発信が可能に、iOS 10のAPI「CallKit」とは

長らくiOSデバイスとユニファイドコミュニケーションのアプリケーションが連係されていなかった。Appleが「iOS 10」で解放した新API「CallKit」でその状況はどのように変わるのだろう。

[Irwin Lazar,TechTarget]
Appleが提供する新API「CallKit」のWebページ《クリックで拡大》

 ユニファイドコミュニケーション(UC)ベンダーの大半は、Appleの「iPhone」や「iPad」といった「iOS」デバイス向けのモバイルアプリケーションを提供している。だが調査会社Nemertes Researchによれば、そうしたモバイルアプリケーションの使用率は低い。なぜか。その理由は、AppleのネイティブアプリケーションやiOSとの連係に欠け、ユーザーエクスペリエンスがお粗末なことだ。

 例えば、iPhoneのロックを解除しなければUC通話には応答できず、Appleの「連絡先」アプリケーションからは通話を発信できない。UC通話中に、携帯電話番号に着信があるとUC通話が切れてしまうといった具合だ。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

ソニーマーケティング、顧客満足度の向上につなげるカスタマーサービスのノウハウを外販
ソニーマーケティングは、企業と顧客との円滑なコミュニケーションをサポートし、顧客満...

news122.jpg

BIからAI(拡張知能)への進化、QlikのCTOが語る
さまざまな洞察を得るため、最適化されたビジュアルを提供するツールへ進化するセルフサ...

news024.jpg

Adobe Systems、テレビ広告運用プラットフォーム「Adobe Advertising Cloud TV」を発表
Adobe Systemsは、データに基づき自動的にテレビ広告のプランニングとバイイングができる...