2016年11月13日 08時00分 UPDATE
特集/連載

知っているようで実は知らない今更聞けない「Office 365」と「Office 2016」決定的な違いとは?

Microsoftのオフィススイート「Microsoft Office」には「2016」と「365」がある。両者はどこが違うのだろうか。

[Margaret Rouse,TechTarget]
日本マイクロソフトのWebページにおいて“2016”のOfficeは「家庭向けOffice」にしか存在しない

 オフィススイート「Office 365」のメリットは、「Microsoftがクラウドサービスを提供する」ことにある。企業がパッチ管理などシステムのメンテナンスをする必要がなく、インフラのサポートコストも掛からない。

 エンドユーザーにとっては、インターネット接続があれば、どこにいても、どのデバイスからでもOffice 365のサービスにアクセスできるのが最も分かりやすいメリットになる。

 IT管理者にとっては、新しいユーザーアカウントを設定したり、機能へのアクセスを管理したり、Office 365の全てのサービスとツールのステータスを確認したりと、Webベースのポータルからさまざまなことが可能になる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news062.jpg

ランドスケイプの企業データベース「LBC」がマーべリックのDMP搭載型DSP「Sphere」と連携
ランドスケイプは、同社の企業データベース「LBC」がマーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere...

news068.jpg

ジーニー、CRM/SFAシステム「ちきゅう」を会社分割契約により事業承継
ジーニーは、ちきゅうが提供する中小企業向けCRM/SFAシステム「ちきゅう」の開発・販売...

news066.jpg

電通、広告統合プランニング・効果検証ツール「STADIA OOHプラス」(β版)を開発
電通は、テレビ広告とインターネット広告の統合プランニングを実現する「STADIA」の機能...