2016年11月13日 08時00分 UPDATE
特集/連載

知っているようで実は知らない今更聞けない「Office 365」と「Office 2016」決定的な違いとは?

Microsoftのオフィススイート「Microsoft Office」には「2016」と「365」がある。両者はどこが違うのだろうか。

[Margaret Rouse,TechTarget]
日本マイクロソフトのWebページにおいて“2016”のOfficeは「家庭向けOffice」にしか存在しない

 オフィススイート「Office 365」のメリットは、「Microsoftがクラウドサービスを提供する」ことにある。企業がパッチ管理などシステムのメンテナンスをする必要がなく、インフラのサポートコストも掛からない。

 エンドユーザーにとっては、インターネット接続があれば、どこにいても、どのデバイスからでもOffice 365のサービスにアクセスできるのが最も分かりやすいメリットになる。

 IT管理者にとっては、新しいユーザーアカウントを設定したり、機能へのアクセスを管理したり、Office 365の全てのサービスとツールのステータスを確認したりと、Webベースのポータルからさまざまなことが可能になる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

Supership、アプリ広告主向けアドプラットフォーム「AppAmore」の提供を開始
Supershipは、アプリ広告主向けアドプラットフォーム「AppAmore(アップアモーレ)」の提...

news119.jpg

レモネード、「INFLUENCER ONE」にフォロワーの男女比率やリーチ数の予測機能を追加
レモネードは、インフルエンサーマーケティングプラットフォーム「INFLUENCER ONE」に、...

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...