2016年11月13日 08時00分 UPDATE
特集/連載

知っているようで実は知らない今更聞けない「Office 365」と「Office 2016」決定的な違いとは?

Microsoftのオフィススイート「Microsoft Office」には「2016」と「365」がある。両者はどこが違うのだろうか。

[Margaret Rouse,TechTarget]
日本マイクロソフトのWebページにおいて“2016”のOfficeは「家庭向けOffice」にしか存在しない

 オフィススイート「Office 365」のメリットは、「Microsoftがクラウドサービスを提供する」ことにある。企業がパッチ管理などシステムのメンテナンスをする必要がなく、インフラのサポートコストも掛からない。

 エンドユーザーにとっては、インターネット接続があれば、どこにいても、どのデバイスからでもOffice 365のサービスにアクセスできるのが最も分かりやすいメリットになる。

 IT管理者にとっては、新しいユーザーアカウントを設定したり、機能へのアクセスを管理したり、Office 365の全てのサービスとツールのステータスを確認したりと、Webベースのポータルからさまざまなことが可能になる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...