2016年12月19日 15時00分 UPDATE
特集/連載

サプライチェーン管理にブロックチェーンを全面採用「ブロックチェーン」に約3兆円をつぎ込む中国企業、何を目指しているのか? (1/2)

仮想通貨の根幹技術「ブロックチェーン」を他分野で活用する動きが広がっている。中国企業Wanxiang Groupもその1社だ。ブロックチェーン関連で2023年までに300億ドルの投資を決めた同社の取り組みに迫る。

[Tiana Laurence,TechTarget]

関連キーワード

金融 | SCM


画像 ブロックチェーンの応用が世界で加速し始めた

 「ブロックチェーン」の原理はシンプルであり、多くの用途において非常に高い柔軟性を発揮する。ブロックチェーンを利用すれば、誰でも追跡できる透明性と、途切れることがない永続性があるレコードが実現できる。精査によって正確さが保証されたデータの保管場所を、誰でも手に入れることができるのだ。

 中国の大手自動車部品メーカーである多国籍企業のWanxiang Groupは、ブロックチェーンの原理に絶大なる信頼を寄せており、この技術を2つの異なる重要な事業で採用している。一方は、自動車部品メーカーとしての中核事業。もう一方は、現在の社会が直面している最大のテクノロジー革命の1つである、スマートシティー構想への関与だ。

ブロックチェーンを採用する理由

       1|2 次のページへ

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

認知度86.5%、言葉だけは知られている「民泊」――クロス・マーケティング調査
民泊初利用のきっかけは、口コミが27%を占めるようです。

news131.jpg

「SAS Customer Intelligence 360」が刷新
SAS Institute Japanは9、新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。