2017年02月02日 08時00分 UPDATE
特集/連載

当面の対策は「不正なOfficeファイルを開かない」Google スプレッドシートを悪用してマルウェア制御、サイバー攻撃の手口が進化 (1/2)

犯罪集団Carbanakがサイバー攻撃の手口を進化させており、マルウェアの制御インフラとしてGoogleのクラウドサービスを利用していた可能性がある。

[Michael Heller,TechTarget]
Forcepointの公式Webサイト《クリックで拡大》

 悪名高い犯罪集団Carbanakが、不正なOffice文書に仕込んだマルウェアを制御するためのインフラとして、Googleのクラウドサービスを使っていた可能性が浮上した。

 Forcepoint Security Labsの上級セキュリティ研究者、ニコラス・グリフィン氏によると、「拡散されたマルウェアが仕込まれている『Officeファイル』」を検出する手口の一環で、「トロイの木馬化されたRTFファイル」を同社が発見した。

       1|2 次のページへ
この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

SNSあれば憂いなし、今何に備えるべきかを調査で知ろう
地震、雷、火事、ネット炎上。不測の事態への対策から学力向上、働き方改革まで、私たち...

news010.jpg

海の家でトライアル、O2Oアプリ×IoTで店舗のスマホ施策はどう変わる?
江ノ島にある海の家でO2OアプリとIoT販促ツールを組み合わせた実証実験が行われている。...

news023.jpg

LINEと博報堂DYデジタル、「LINE」上での広告効果測定の精緻化を図る共同プロジェクトを開始
LINEは、同社の広告サービスにおいて、効果測定の精緻化を図るプロジェクトを博報堂DYと...