2017年03月09日 15時00分 UPDATE
特集/連載

検出を困難にする工夫もSkype会話もWebカメラ映像も盗聴可能? 極悪キーロガー「iSpy」の怖さ

現在の商用キーロガーでできることはキーストロークの記録だけではない。キーロガー「iSpy」の最新版では、「Skype」のチャット内容やWebカメラの監視など多彩な機能を備える。

[Nick Lewis,TechTarget]
画像 打鍵内容の取得だけがキーロガーの怖さではない

 キーロガー「iSpy」の新バージョンは、Webブラウザに保存したパスワードやソフトウェアのライセンスキーを盗んだり、コミュニケーションツール「Skype」のチャット内容を記録したりできる。このキーロガーを使った攻撃手口と、その防御策について解説する。

 悪質な商用キーロガーであるiSpyは、キーストロークの記録やスクリーンショットの取得、Webカメラ/クリップボードの監視など、スパイ活動を支援するさまざまな機能を備える。

検出を逃れるiSpy

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

訪日外国人観光客は結局、何を求めて日本にやって来るのか
「見にきてもらう」から「参加してもらう」へ。訪日外国人と浅草の関係は少しずつ変わり...

news022.jpg

「新品購入前に売値をチェック」「掘り出し物探しを楽しむ」、フリマアプリ利用者の生態とは──メルカリ調査
メルカリの調査によると、フリマアプリ利用者の半数以上が新品購入前にアプリで売値をチ...

news088.jpg

ホットリンク子会社のトレンドExpressが越境ECサービス「越境EC X」を提供
トレンドExpressは、越境ECサービス「越境EC X(クロス)」の販売を開始した。販売だけで...