2017年03月09日 15時00分 UPDATE
特集/連載

検出を困難にする工夫もSkype会話もWebカメラ映像も盗聴可能? 極悪キーロガー「iSpy」の怖さ

現在の商用キーロガーでできることはキーストロークの記録だけではない。キーロガー「iSpy」の最新版では、「Skype」のチャット内容やWebカメラの監視など多彩な機能を備える。

[Nick Lewis,TechTarget]
画像 打鍵内容の取得だけがキーロガーの怖さではない

 キーロガー「iSpy」の新バージョンは、Webブラウザに保存したパスワードやソフトウェアのライセンスキーを盗んだり、コミュニケーションツール「Skype」のチャット内容を記録したりできる。このキーロガーを使った攻撃手口と、その防御策について解説する。

 悪質な商用キーロガーであるiSpyは、キーストロークの記録やスクリーンショットの取得、Webカメラ/クリップボードの監視など、スパイ活動を支援するさまざまな機能を備える。

検出を逃れるiSpy

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネッ...

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...