2017年03月23日 08時00分 UPDATE
特集/連載

壁に突き当たった「Windows 10」移行計画「Windows 7」にしがみつく人は何を心配しているのか

Microsoftは2016年、無償アップグレードを通じて「Windows 10」の普及を加速させた。そのインセンティブがなくなった今、企業はできるだけ長い間「Windows 7」にしがみつこうとしている。

[Ramin Edmond,TechTarget]
画像 Windows 10への移行に二の足を踏む企業は少なくない

 一部の組織は、普及が鈍化した「Windows 10」への移行計画を遅らせている。拭い去ることができない懸念が、その理由だ。

 Windows 10は提供開始の時点で急速に普及が進んだ。Microsoftは同社のOS史上、最も成長のペースが速かったと主張していた。だが「Windows 7」を使い続けている企業のIT部門が抱く、自動更新のコントロール面やレガシーアプリケーションのサポート面に関する疑問は、今も解決されていない。

 「成果が実証されるまで、Windows 10に切り替えるつもりはない。必ずしも新しい方がいいとは限らない」。梱包(こんぽう)管理会社OngweowehのITディレクター、ジム・デイビーズ氏はそう語る。

 Web調査会社Net Applicationsが運営するWebサイト「NetMarketShare」が、OSの種類別にインターネットユーザーのトラフィックシェアを調査したところ、2017年2月のWindows 10のトラフィックシェアは25.3%から25.19%へと微減。同時にWindows 7のトラフィックシェアは47.2%から48.41%へと上昇した。

 企業のみに限っても、Windows 10の採用は横ばいだ。TechTargetの調査「IT Priorities Survey」によると、Windows 10がデビューした2015年、移行を計画していた企業は14%に満たなかった。2016年にはMicrosoftの無償アップグレードのおかげで、この数字は40%超へと急騰したが、2017年は46%とわずかな増加にとどまっている。

Windows 10の問題

ITmedia マーケティング新着記事

news007.jpg

電通デジタル、日本企業のデジタルトランスフォーメーション&デジタルマーケティングに関する調査を実施
電通デジタルが実施した「デジタルトランスフォーメーションとデジタルマーケティングの...

news048.jpg

Facebook活用で地方創生、神戸市の取り組みで見えた成果と課題とは?
フェイスブック ジャパンと神戸市が2018年7月に提携した「地域経済・地域コミュニティ活...

news035.jpg

スパイスボックスがAIを活用したフォロワー獲得サービス、ブランドと親和性の高いユーザーに「いいね!返し」
スパイスボックスは、AIスタートアップ企業AIQが蓄積するInstagram約700万アカウントのプ...