2017年06月07日 15時00分 UPDATE
特集/連載

ワークロードと予算に合わせてAWS、Azure、Google 主要クラウドで適切なインスタンスを選ぶ5つのポイント (1/2)

パブリッククラウドにはさまざまなインスタンスがあり、どれを選ぶかはときに難しい判断となる。自社のワークロードにとって、最もコスト効率の高いインスタンスタイプを判断するための5つのポイントを紹介する。

[Kathleen Casey,TechTarget]

 パブリッククラウドでは、インスタンス選びがアプリケーションのパフォーマンスやコストを左右する。導入前に自社のワークロードを検証し、適切なインスタンスタイプとサイズを選択する必要がある。

 パブリッククラウドにはさまざまなタイプのインスタンスがあり、どれを選ぶかはときに難しい判断となる。Amazon Web Services(Amazon)の「Amazon Web Services」(AWS)、Microsoftの「Microsoft Azure」(Azure)、Googleの「Google Cloud Platform」(GCP)など、大手クラウドはそれぞれ仕様やコストが異なる多様なインスタンスタイプを提供している。

 クラウドインスタンスは汎用的なものばかりではない。そのため企業は自社のワークロードと予算を検討し、最適なインスタンスタイプとサイズを見極める必要がある。場合によっては、パフォーマンスとコストを最適化するためにカスタムインスタンスが必要となることもある。

 自社のワークロードにとって最もコスト効率の高い最適なインスタンスタイプを判断するための5つのポイントを紹介する。

1.適切なサイジング

 ワークロードは静的なものばかりではない。そのためIT管理者はクラウドインスタンスを定期的に見直し、サイズ変更のタイミングを見極める必要がある。インスタンスが小さすぎる場合の兆候には次のようなものがある。「実行時間が長い」「処理の急増に対応できない」「インスタンスを増やさなければワークロードを処理できない」の3つだ。クラウド使用状況レポートを確認すれば、メモリや仮想CPUコアなど、インスタンスがどのリソースを必要としているかが分かる。新しいインスタンスサイズをライブまたはサンドボックス環境でテストし、適切なサイズかどうかを判断する。

 コスト削減という点では、インスタンスサイズを大きくした方が効果的な場合がある。インスタンス総数を減らせるからだ。適切なサイズのインスタンスを選べば、ボトルネックを回避し、実行時間を改善できる。ただしバースト性のワークロードには別のアプローチが必要だ。ベースラインのワークロードには「Amazon Elastic Compute Cloud」(Amazon EC2)の「リザーブドインスタンス」など、長期契約を前提としたインスタンスを検討し、バースト処理用には大きめのインスタンス、残りのピーク時用にはスポット(当用買い)市場のインスタンスを検討するといい。

2.予備容量は低価格で確保

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news064.jpg

シャノンの「イベント受付来場認証」がPepperと連携
シャノンは、MAツール「SHANON MARKETING PLATFORM」において、展示会・イベントの来場者...

news014.jpg

SalesTech最前線 世界の主要サービスを一気見
AdTech、Martechに続く注目分野であるSalesTechの現状はどうなっているのか。各領域の主...

news106.jpg

「Gotcha!mall」が「LINE」と連携
グランドデザインは、スマートフォンオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall(ガッ...