2017年07月25日 05時00分 UPDATE
特集/連載

5年後に 世界は変わる自動運転の時代へ 自動車向けアプリ開発をいますぐに進めるべき理由

車を運転中に使えるアプリの開発者に朗報だ。自動運転車の時代に、アプリの需要は高まるだろう。専門家がGoogleの「Android Auto」やAppleの「CarPlay」など、開発向けソフトウェアを紹介する。

[Matthew David,TechTarget]

画像 運転者向けの情報、娯楽アプリは進化を続ける

 最近の米国人は、平均で毎日101分間を車の中で過ごすという。人々は、運転以外に何をして過ごすのだろう。CDをざっと聞き流し、FM放送の番組を次々と切り替える? もちろん、そんな時代ではない。スマートフォンをカーナビにつなぎ、これから1時間半のドライブを楽しい時間に変えるアプリを選ぶのではないだろうか。

開発向けソフトウェアとOSの現状

 カーナビは、タッチディスプレイとアプリを備えたフル装備のエンターテインメントシステムへと変ぼうを遂げている。問題は、カーナビ向けモバイルアプリ開発者向けのソフトウェアやアプリケーションが複数、市場に混在していることだ。アプリ作成に関係するソフトウェアの代表例は、次の通り。

  • Googleの「Android Auto」:Android Autoは、Googleの「Android for the Car」の改訂版だ。同社のOS「Android」を搭載したスマートフォンは多数のユーザーを抱え、接続も簡単なため、非常に人気が高い。
  • Appleの「CarPlay」:Appleの「iOS」デバイスの接続に必要で、iOSユーザーには非常になじみ深い。
  • Fordの「SYNC」:自動車メーカー大手のFord Motorは、同社のスマートデバイスシステムSYNCの基盤であり、利用者のデバイスから車内エンタテイメントをコントロールできる「SmartDeviceLink」(旧AppLink)をオープンソースソフトウェアとして公開した。同社は、トヨタ自動車と提携し、GoogleやAppleに対抗している。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news085.jpg

位置情報広告のジオロジック、LINE Venturesなどから総額1億円を調達
ジオロジックは、ジェネシア・ベンチャーズ、LINE Ventures、東急エージェンシーを引受先...

news065.jpg

LINE、サイバーエージェント子会社とチャットに特化した次世代型カスタマーサポート推進で協業
LINEは、サイバーエージェントの連結子会社であるAIメッセンジャーと共同で、チャットに...

news021.jpg

「NPS」の効果を実感、導入企業の8割――IMJ調査
アイ・エム・ジェイ(IMJ)は、「日本企業におけるNPS導入の実態把握調査」の結果を発表...