2017年08月25日 05時00分 UPDATE
特集/連載

802.11acよりも「エキサイティング」“10ギガビット無線LAN”が現実に? 新規格「IEEE 802.11ax」とは何か

新しい無線LAN規格「IEEE 802.11ax」は、「IEEE 802.11ac」をはじめとする現状の無線LAN規格と何が違うのか。要点をまとめた。

[Lee Badman,TechTarget]
画像 ネットワーク関係者が関心を寄せるIEEE 802.11axとは

 無線通信を話題とする現在の主要なネットワークカンファレンスでは、無線LANの新規格「IEEE 802.11ax」について取り上げるセッションが必ずといってよいほど存在する。言うまでもなく、現行規格「IEEE 802.11ac」に続く大きな波となるこの新規格の開発担当者は、既にこのエキサイティングな技術に入れ込んでいる。

IEEE 802.11axとは

 IEEE 802.11axは、約10Gbpsに達するともいわれる高速なデータ伝送速度を実現する。無線LAN業界団体のWi-Fi Allianceが策定するIEEE 802.11acのフル仕様「802.11ac Wave 2」と比べて、約40%の高速化だ。

 既存の無線LAN技術は、IEEE 802.11axも基盤技術として採用している。例えば複数のアンテナを利用し、送信データを複数の信号(空間ストリーム)に分割して同時伝送する「MIMO」(Multiple Input Multiple Output)、現代の携帯電話ネットワークを支えるLTE(Long Term Evolution)技術などだ。

 さらに「OFDM」(直交周波数分割多重方式)などの周波数分割多重化技術を採用して、スペクトル効率(一定の周波数帯域幅で伝送可能なデータ量)を大幅に向上させる。結果として高速化が実現でき、アプリケーションやサービスにアクセスできるモバイルユーザーを増やすことが可能になる。

 IEEE 802.11acのライフサイクルは、まだ到底終わっていない。ではいつからIEEE 802.11axのことを気にし始めればいいのだろうか。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

ソフトバンク・テクノロジー、チャットbotでWebサイトの分析や課題発見をサポートする「SIGNAL AI」を提供
ソフトバンク・テクノロジーは、Webサイト分析やアドバイスを行いながらデータ活用人材を...

news065.png

パイプドビッツなど3社、製薬企業向けマーケティングオートメーションパッケージ「BtoD」が提供開始
パイプドビッツは、メディコムとトライベック・ストラテジーの2社と共同で、製薬企業向け...

news108.jpg

EC・通販の広告クリエイティブは「製品・サービスを手に取ってもらう」ことに割り切る
豊富な実務知見に基づき、EC・通販で成功する方法について解き明かしていく本シリーズ。...