2017年12月18日 05時00分 公開
特集/連載

病院の医療情報部門もIoTに熱視線Bluetoothが医療機関を変える4つの可能性 「Bluetooth 5」登場でますます便利に

医療機関のBluetooth活用には大きな可能性がある。病院内の患者に屋内GPSを取り付けたり、患者が医療機器や治療に関する情報を受け取れたりできるようになる。

[Reda Chouffani,TechTarget]

 コンサルティンググループBCGの推定によれば、モノのインターネット(IoT)への支出は2020年までに2670億ドルに達する見込みだという。この数値は、さまざまな市場の組織がIoTテクノロジーの導入を増やし、IoTのようなコネクテッドデバイスへの投資を推し進める可能性が高いことを明確に示している。医療現場でも、医療スタッフが患者のデータを詳しく把握するのにIoTが貢献している。患者に取り付けたIoT機器から送られる多くのデータを監視や分析に活用できるためだ。このような機器と他のシステムとのデータ交換の多くはワイヤレス通信を利用する。そのため、病院のIT部門ではIoTへの関心が高まっている。

 医療機関で使用している多くのウェアラブルデバイスは、本稿執筆時点ではワイヤレス通信を利用してホストシステムや他の機器にデータを転送している。この通信方式は院内各所に配線を張り巡らす必要はなく、高額なインフラコストもかからない。そのため、患者にとっても病院にとっても都合が良い。接続にはWi-FiまたはBluetoothが必要になる。Bluetoothは、スマートフォンとの接続によく利用されている通信の1つだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

オープンソースCMS「Drupal」商用版提供のAcquiaが日本市場に本格参入
Acquiaは、日本支社としてアクイアジャパンを設立したと発表した。

news115.png

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

news018.jpg

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。