2016年09月14日 09時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない無線アクセスポイントの選び方、クリニックで“安全”に増設するにはクリニックの無線LAN設定、お悩み解決塾【第2回】(1/2 ページ)

医療機関で使用する無線LANアクセスポイントは、「モバイル端末が接続できれば何でもいい」わけではありません。認証方式はどれを選ぶべきか、設置場所はどこがいいのか、ポイントをおさらいしましょう。

[馬場大介,iOSコンソーシアム]

連載について

スマートフォンやタブレット端末は多くの医療機関で活用が進んでいます。しかし導入の際に大きな課題となるのが無線LAN設定。思ったような通信速度が出なかったり、アクセスポイントやセキュリティ設定に苦労したりと、無線LANの導入と無線機器の設定にはさまざまなトラブルが起こりやすいものです。本連載では、クリニックや中小規模病院における無線LANの導入をテーマに「ここが困った」を解消する情報をお届けします。


 医療機関で使用する無線LANアクセスポイント(以下、無線AP)は、「モバイル端末が接続できれば何でもいい」というものではありません。極端な例ですが、気軽に無線APを増設してしまった結果、無線LAN接続用の暗号化キーとして、無線AP本体に書かれている製品出荷時の暗号化キー(ネットワークキー)をそのまま使っていたというケースがありました。これでは無線AP本体に書いてある暗号化キーを覚えてしまえば、簡単に院内ネットワークに侵入できることになってしまいます。

 無線LANは、電波を使うという特性上、一度接続に成功してしまえば診察室外はおろか建物の外からでも電波が届いていればアクセスできます。無線LANを導入する際は登録した端末以外は院内ネットワークにアクセスできないように設定すると同時に、無線LANへ接続する端末にIDとパスワードを設定しておくことを推奨します。

代表的な無線APのセキュリティ規格

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。