2018年01月17日 05時00分 公開
特集/連載

AI、マイクロサービス、エッジコンピューティング、DevOps2018年のエンタープライズITトレンド――8賢人はこう語った (1/2)

本稿では、ハイテク企業の幹部8人が、AI(人工知能)、マイクロサービス、エッジコンピューティング、IoT時代におけるITの基準とカスタマーサービスに関する見解を述べる。

[George Lawton,TechTarget]
写真 2018年のエンタープライズITはどうなる?《クリックで拡大》

 ハイテク企業は、2018年のエンタープライズITに何が起こると考えているのだろうか。クラウドは引き続き勢力を拡大するだろう。だが、最高情報責任者(CIO)は、流行語には付き物の楽観論とビジネスへの実利益のバランスを取ることに留意しなければならない。また、マイクロサービスの重要性が増し、人工知能(AI)の実用化は進み、セキュリティはソフトウェア品質の一部と見なされるようになると考えて間違いないだろう。

どこもかしこもAI

私たちを導くAI――アッシュ・ムンシ氏

写真 Yahoo!の元最高技術責任者(CTO)で現在はHadoopの分析プロバイダーのPepperdataでCEOを務めるアッシュ・ムンシ氏

 誇大な宣伝にもかかわらず、農業、バイオテクノロジー、製造業など、AIは各種業界でその価値を実証している。AIはデータを取り込んで、より適切な意思決定に必要な情報を提供することで、製品やサービスの原動力となり始めたばかりだ。

 AIは2018年も堅調を維持するだろう。その状況は、特にAIにとって新しい分野となるトラブルシューティングで見られることが予想される。AIが日常の問題への対処をサポートするようになるにつれて、オペレーターやデータセンターなどのトラブルシューティングに変化が表れるだろう。IT担当者はAIがサポートできない重大な問題に専念できるようになる。

 2018年、AIは私たち人間のコグニティブパートナーとしての付加価値を確固たるものにすることで、難問解決をサポートするだろう。そして、私たちが効果的な判断を下せるように導いてくれるであろう。

今よりもAIを意識しなくなる――ピーター・ワルクビスト氏

写真 ドキュメント管理サービスを提供するiManageで戦略担当のバイスプレジデントを務めるピーター・ワルクビスト氏

 2018年、AIはあらゆるものに対する漠然とした解決法ではなくなり、実際にビジネスの問題を解決できる能力にAIの価値があることを企業はますます実感するようになるだろう。事実、多くの場合において、AIは今よりも意識されなくなると予想される。それは、私たちが日常使用するアプリケーションにAIがより密接に組み込まれるようになるためだ。AIを使用することで、企業では知らないうちに生産性が向上し、退屈な仕事ではなく戦略的なビジネスイニシアチブにより多くの時間を使えるようになるだろう。

AIの年にはならない――ニール・キンソン氏

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...

news102.jpg

MarketoがSlackと連携、リード関連情報のリアルタイム通知が可能に
Marketoは、Slackとの連携を発表した。顧客エンゲージメントに関するリアルタイム通知を...

news093.png

ブレインパッド、広告運用レポートの自動作成と実績予測シミュレーションが可能な「AdNote」を提供
ブレインパッドは、インターネット広告運用支援ツール「AdNote」の提供を開始した。