2018年01月15日 05時00分 公開
特集/連載

最強のCIOになるために 2018年に取り組むべき5つのことIT分野以外もリードする働きを

人材コンサルティング企業O.C. Tannerの最高技術責任者(CTO)であるニール・ニコライセン氏が2017年を総括し、2018年のITに関する目標を設定する。

[Niel Nickolaisen,TechTarget]
O.C. TannerのWebサイト《クリックで拡大》

 2016年末に執筆した記事で、筆者は最高情報責任者(CIO)のためにITに関する4つの目標を挙げた。それは以下の4つだ。

  • 高度な分析によって結果を出す。機械学習、人工知能またはディープラーニング(深層学習)をコストのかからない方法で実施し、絶えず発生する業務、もしくは市場の課題を解決する
  • セキュリティ脅威の状況変化に対応するため、セキュリティ対策を実施し、ツールを引き続き進化させる。特に、「忘れられる権利」(EU一般データ保護規則《GDPR》)をサポートする体制を整える
  • 自分のチームが競争優位性を作り出す案件に集中できるようにするためにITに関する外部のアイデアを受け入れる。
  • コンテナ化とオーケストレーションに精通する

 振り返ってみると、これらの提案は適切だったようだ。次に2018年に重要なIT関連の目標を挙げてみることにしよう。

2018年、CIOが取り組むべき目標

1. モノリシックなアプリケーションを刷新する

 さまざまな機能要素をハードコーディングで接続するモノリシックなアプリケーションは、総じて複雑で壊れやすく、変更を加えるのが難しい。急速に変化しているこの世界では、「修正を加えるのが困難」なアプリケーションをポートフォリオの中に持つことはできない。まずは難解なアプリケーションを選び、サービス指向のマイクロサービスアーキテクチャを使用して、API(アプリケーションプログラミングインタフェース)を介して互いに連携する独立するコンポーネントに分割する。このアーキテクチャでは、他のコンポーネントに致命的な影響を与えることなく、対象となるコンポーネントの柔軟な変更が可能となる。変化へのスピード向上とアジリティー(俊敏性)獲得のための疎結合を実現できる。

2. 本業ではないワークロードをクラウドに移行する

 当社では、エンタープライズデータウェアハウスをオンプレミスから、クラウドプロバイダーが提供するサービスに移行した。こうしたことで、現在必要な、または将来に必要となる重要な能力を取得できる。また、ワークロードをクラウドに移すことでサービスが移植可能になる。市場や技術の不確実性が高まる中で、将来、クラウドで展開するサービスの提供元を変更する可能性があるからだ。

3. ITに関する教育プロバイダーとの関係を構築する

 教育プロバイダーは大学や専門学校、またはプライベートトレーニングプロバイダーでもよいだろう。次に、ITスキルをマスターするのに役立つ正式な職場訓練プログラムを作成する。業界ではITスキルを持つ人材が不足している。同時に、IT分野での適性を持ちながらも、トレーニングを受けていないために活用されていない就労者が多くいる。職場訓練プログラムをトレーニングプログラムと組み合わせることで、これらの人材が堅実なキャリアパスを形成し、必要なITスキルを身に付ける手助けとなり、互いに有益な状況を作り出すのに役立つ。

4. IT以外の分野でイニシアチブを取る

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...