2018年06月07日 05時00分 公開
特集/連載

「iTeachers」はどのようにITを活用しているかタブレットからロボットまで IT推進校のデジタル教材活用法は?

学校教育の中で、プログラミング的思考や英語のスピーキング力の育成が課題となりつつある。授業にITを積極的に取り入れる学校は、これらの課題をどのように解決しているのか。3校の取り組みを紹介する。

[上田 奈々絵,TechTargetジャパン]

 校内のIT環境を整え、授業や課外活動にITを積極的に取り入れる事例が増えてきた。これらの学校は、どのような形で学校教育にITを活用しているのか。2018年5月18日、第9回「教育ITソリューションEXPO」で開催されたセミナー「ICT活用の最前線」には、教育現場でのIT活用を実践する教育者チーム「iTeachers」が登壇し、具体的な事例について語った。セミナーの内容を基に、3校の取り組みを紹介する。

デジタル教材でスピーキング対策

画像 同志社中学校の反田 任氏

 同志社中学校の英語教員でICT教育推進担当の反田 任氏は、授業にITを活用することで、一人一人の学力や特性に応じた指導ができると説明する。

 反田氏は、Appleが提供する電子書籍アプリケーション「iBooks」と、教材や資料を授業内容ごとにまとめて配布できる「iTunes U」を授業に導入している。個別学習に適した独自のデジタルテキストの制作・共有に加え、プリントだけではなく音声や動画などを利用した授業が容易にできることがメリットだという。

 2017年秋には、授業に人工知能(AI)技術搭載の英語学習用ロボット「Musio X」を導入した。本製品は双方向の英会話が可能なロボットだ。生徒一人一人を顔認識し、それぞれの生徒の英語レベルに合った学習メニューを提供する。授業では1、2人で1つのロボットを使用する。2人で利用すると、生徒同士の英語によるコミュニケーションが生まれやすくなるという。指導には、英語学習サービス「EnglishCentral」も使用している。音声解析システムで学習者の発音の習熟度を数値化するWebサービスだ。

 反田氏はこうしたIT教材のメリットとして「忖度(そんたく)しない」ことを挙げる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...