2018年10月25日 05時00分 公開
特集/連載

将来の可能性も視野に入れるマルチクラウド環境のデータバックアップ体制 主要3ベンダーを紹介

複数のクラウドサービスにデータを預ける企業が増えるに連れ、マルチクラウド環境におけるデータのバックアップが重要になってきた。どのように対処すればいいのか紹介しよう。

[Stuart Burns,TechTarget]
画像

 マルチクラウド環境におけるデータのバックアップが不可欠だと主張するベンダーは少なくない。

 クラウドサービスの内部で、データを回復できるようにするのは難しいことではない。だが、異常事態が発生した場合に待機システムに切り替えるフェールオーバーの機能は、ほとんどの場合、企業顧客ではなく、クラウドベンダーが管理している。また、フェールオーバーの機能はデータセンター規模の災害復旧(DR)イベント向けに設計されており、アプリケーションの障害やディスクの破損など、企業顧客のDRイベントは対象になっていない。

 企業はバックアップを完全にクラウドベンダー任せにすることはできないのが現状だ。

マルチクラウド環境におけるバックアップの選択肢

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

大日本印刷とSMN、丸善ジュンク堂書店が保有する書誌データなどを活用した広告配信プラットフォームで協業
大日本印刷が、グループの丸善ジュンク堂書店、ハイブリッド型総合書店hontoの「本の通販...

news090.jpg

広告コミュニケーションを「ヒアリングファースト」で一方向から双方向へ
「Forbes 30 Under 30 Asia」に選出された気鋭の起業家の目に映る次世代の広告体験とはど...

news022.jpg

Webアナリティクス、日本の市場規模は米国の14%以下
他社はどのツールを導入しているのか。営業インテリジェンスデータサービス「Datanyze」...