TechTargetジャパン

講演資料
データセンターの電気代半減は可能か? IT運用費を「攻めの投資」に変える方法
 ITはビジネスを効率化するツールからビジネスそのものへと変化した。しかしITコストの7割強は現行システムの保守運用で消費しているのが現状だ。この保守運用費を削減できれば、その分の投資を素早い新規サービスを提供するためのIT基盤構築への「攻めの投資」が可能に...(2014/12/19 提供:インテル株式会社)

製品資料
進化したWindows Server 2012 R2の機能を生かすサーバ選びの鉄則
 Windows Server 2003のサポートが2015年7月で終了する。最新バージョンのWindows Server 2012 R2は、2003から大きく進化しており、仮想化や管理機能、クラウドへの最適化など多くの機能が強化されている。ハードウェアも新OSの機能を活用できる製品を選びたい。 本資料...(2015/1/5 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
仮想マシンは何台集約できる? 最新Xeonサーバの性能と消費電力を徹底検証
 今日、サーバ仮想化のメリットは広く知られるようになった。サーバ仮想化によるコスト削減効果は極めて大きく、多くの企業にとって欠かせない技術といえる。しかし、サーバ仮想化のメリットを得るには、ただ仮想化製品を導入すればよいわけではない。複数の仮想マシンが...(2012/8/2 提供:デル株式会社)

技術文書
SATA SSD 8台相当のIOPSは本当か? x86サーバでNVMe対応SSDの実力を徹底検証
 従来のストレージ製品よりも高い転送速度と低いレイテンシを実現するNVMe対応SSD。サーバ製品の選定で重視される技術の1つだが、実際に導入するためには、パフォーマンスだけでなく信頼性や保守性を含めた十分な検証が求められる。 そこで、XeonプロセッサのE5-2600 v4...(2016/9/12 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

比較資料
【徹底比較検証】HP ProLiant DL580 Gen8のSQL Server 2014ベンチマークテスト
 HP ProLiant DL580 Gen8はCPUにインテルのXeon E7 v2ファミリーを最大4基、メモリ最大3Tバイト搭載可能で、RAS機能に対応するなど高性能かつ用性と信頼性を備えたハイエンドx86サーバだ。 本資料では、HP ProLiant DL580 Gen8 Xeon E7 v2 4890 2.8GHz 4P60CをTPC-Cに準...(2014/9/26 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
「インテル×HPE」から生まれる次世代ITインフラの姿とは?
 仮想サーバ環境や仮想デスクトップ環境の統合基盤として成熟を見せつつあるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。近年、急速に進化しているHCIの将来像をインテルとHewlett Packard Enterprise(HPE)のスペシャリストはどのように見ているのだろうか。 インテルは...(2017/3/21 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
世界のアニメーションの最前線を支えるレンダリングサーバとは?
 今やアニメーションには欠かせない存在となった3DCG。その技術の進歩は早く、映像制作に関わる計算量やデータ量は増加する一方だ。その中でもコンピュータ処理で画像を生成するレンダリング工程では、光や影、物体表面の質感などを美しく表現するために、特に強力な演算...(2016/3/16 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

レポート
5年間のTCOで最大60%以上の経費削減、データベースサーバの運用を比較検証
 パブリッククラウドの活用がTCO削減の有力な方法であるのは間違いない。しかし小規模組織などでは、LAN経由でデータベースを運用する方が効率的なケースもある。 短期視点では、データベース運用はハードウェアを購入し自社内で仮想マシンを制御するより、パブリックク...(2016/3/24 提供:デル株式会社)

製品資料
マルチコアは今や業界標準〜最新版プラットフォームが紡ぎ出すエンタープライズ環境
スケーラブルな環境に欠かせないマルチコア。その突出した電力効率と性能でエンタープライズ環境とビジネスを強力にバックアップ。最新版マルチコア(クアッド/デュアル)の概要と詳細を事例を含め解説。サーバシステムのアーキテクチャ、テクノロジーは大幅な世代刷新。(2007/4/27 提供:デル株式会社)

製品資料
135カ国に広がる OpenStackを取り巻く「オープンクラウドエコシステム」とは?
 プライベートクラウドを運用する組織や、クラウドサービス事業者による、IaaSに対するニーズの多様化がますます進んでいる。複数のクラウドシステムを連携させ、より柔軟なサービスを提供する、あるいはパブリッククラウドでは対応できない、さまざまなIaaS関連サービス...(2015/7/17 提供:デル株式会社)

技術文書
信頼性の劇的向上: インテル(r) Xeon(r) プロセッサー7500番台搭載のDell PowerEdgeサーバ
 新しい RAS (信頼性、可用性、保守性) 機能が拡充されたインテル Xeon プロセッサー 7500番台は、24 時間 365 日対応のコンピューティング環境を強力にサポート可能な、劇的な性能向上とスケーラビリティ向上を果たした。 本ホワイトペーパーでは、劇的に向上した信頼...(2010/12/14 提供:デル株式会社)

事例
高度な3D CADからVRまで――鹿島建設の業務を支えるモバイルワークステーション
 建築物の3D CADデータにさまざまな管理系情報をひもづけたBIM(Building Information Modeling)は、建設コストの低減や施工の迅速化に欠かせない情報だ。大手総合建設会社の鹿島建設は、このBIMデータを社内外で共有できる専用プラットフォームを構築し、計画段階から...(2016/8/29 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

事例
【事例】鹿島建設がBIMを活用するために、採用した高性能ワークステーションとは
 鹿島建設は、2011年3月に東日本大震災が発生したことを受け、省エネルギーの推進やバッテリー駆動による業務継続が容易なノートブックPCに着目し、特別な事情がない限りはユーザー端末としてノートブックPCを調達することを決めており、処理性能、モバイル性、コスト・...(2016/8/29 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

製品資料
「LINPACK」だけでは評価できないコグニティブ時代のHPCシステムの新常識
 近年、多くの業界でハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)やハイパフォーマンスデータアナリティクス(HPDA)が脚光を浴びている。その背景には、モバイル、IoTといった分野におけるデータ量の急増や、その分析を支えるコグニティブコンピューティング、深層学習...(2017/5/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
25%の歩留まり回復 製造業のパフォーマンスを高めるIoT技術とは
 製造現場における歩留まりや生産効率の改善、ダウンタイム低減といった課題の解決において、メーカーではデータ収集と保管に取り組んでいる。しかし、互いに連携しないFAネットワークの中では、正しいタイミングで適切な人へ情報を届けるのは難しい。また、膨大なデータ...(2015/7/23 提供:デル株式会社)

レポート
数千の診療ステーションから集めたデータをどう生かす? 遠隔医療のIoT技術とは
 「急速に進む高齢化」「長寿命化により急増する慢性疾患」「医療従事者不足」を背景に、医療業界は新たな効率化を求められている。そこで、遠隔地医療の、移動、費用、時間の大幅な削減の切り札として、IoT(Internet of Things)技術を用いた遠隔医療ソリューションに...(2015/7/23 提供:デル株式会社)

製品資料
医療機関向け「オールフラッシュストレージシステム」が注目される理由
 高機能なSSDの価格低下を背景に、オールフラッシュストレージシステムが注目されている。ストレージは迅速なデータアクセス最大のボトルネックであり、増加するデータの管理の点からも、常にコスト低減が求められる。オールフラッシュストレージはその解決策として期待...(2015/7/16 提供:デル株式会社)

技術文書
x86サーバで実機検証:Windows Server 2016で構築するハイパーコンバージド
 データセンターに求められる高度なセキュリティ機能を備え、オンプレミスとクラウドのシームレスな連携を実現する「Windows Server 2016」。数々の新機能の中でも特に注目されているのが、OSの標準機能のみでハイパーコンバージドインフラ(HCI)の構築まで行える「記憶...(2017/5/16 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

事例
シンクライアントで動画教材を活用、富士市教育委員会に学ぶSBC環境の高性能化
 教育分野への熱心な取り組みで知られる富士市は、2011年にVDI(仮想デスクトップインフラ)を用いた教職員向け公務支援システムを導入した。小中学校の教職員1200人にシンクライアント環境を提供する試みは、セキュアなデスクトップ環境の導入モデルとして全国の教育関...(2017/4/4 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

比較資料
比較で検証、ディープラーニング専用機の処理能力と電力効率の可能性
 画像認識や音声認識に活用される「ディープラーニング」技術。ここ数年で実用化が急速に進んだ結果、写真の自動分類サービスや商品のレコメンドシステムなど、身近な事例も増えてきた。業界を問わず多くの企業が、この技術を新しい価値の創出に応用しようと研究を重ね始...(2017/1/30 提供:GDEPソリューションズ株式会社)

事例
ITインフラはこう見直せ、事例に学ぶ「千葉労災病院が17システムを1つに統合した理由」
 3カ月のスピード構築、従来の半分以下のスペース、17を超えるアプリケーションを1つの基盤上に集約。そのような大胆な改革を、千葉労災病院は実現した。 千葉県の基幹病院として重要な役割を担う千葉労災病院は、2010年3月には電子カルテシステムを本格的に導入し、そ...(2015/7/24 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
サーバ移行 虎の巻――Windows Server 2012/2012 R2を選択する意味とハードウェア条件を考える
 2015年7月に延長サポートが終了するWindows Server 2003を使い続けることは、セキュリティリスクを高めるだけでなく、アプリケーション改善の遅滞、競争力低下というビジネス上のリスクにつながる。 また、Windows Server 2003を搭載したサーバマシンが部門ごとに購入...(2015/7/16 提供:デル株式会社)

レポート
今後が予見できないデータ環境に対応、「ソフトウェア定義型ストレージ」とは?
 クラウド、ソーシャル、ビッグデータ、モバイルといったITトレンドは、従来のストレージシステムに大きな変化をもたらす。これらが構成するデータ環境は、タイムリーなデータ分析、それを基に実践的な洞察を行う情報駆動型のフィードバックサイクルを要求し、「非構造型...(2015/7/16 提供:デル株式会社)

レポート
システムパフォーマンスが34%向上、ストレージソリューション選びのポイントとは?
 ストレージシステムにおいては、ロードバランス、アプリケーション最適化、ディスクメンテナンスなどをアレイ側で自動で管理することが望ましい。迅速なプロビジョニングによりビジネス要件に対応するため、トラブル解決にかかる時間も少なくなり、投資回収期間を短縮す...(2015/7/16 提供:デル株式会社)

事例
BI経費が半減、応答時間も60%高速化、「中央統制」という発想でデータ分析を強化
 データ分析のコストがかさみ、期待する成果も挙げられず、現場が混乱しているときは、基本的な分析体制の改善に着手することが望ましい。 グローバルに展開する企業のデータ分析体制が陥りやすいわなは、拠点やリージョンの特殊性をそのまま受け入れ、KPIの種類が膨大...(2015/7/16 提供:デル株式会社)

製品資料
業務に合わせたクラウドの選び方、オンプレミスからサービスまで徹底解説
 ひと口にクラウドサービスといっても、その内容はさまざまだ。SaaS、PaaS、IaaSなどのサービス区分があり、それぞれのサービスメニューも千差万別で、IaaSに限っても、仮想サーバだけでなくユーザーが占有できる物理サーバのサービスもあり、基幹系などのニーズに対応し...(2017/5/10 提供:日本電気株式会社)

技術文書
最新技術を徹底解説、「Azure IaaS構築・運用・管理ガイド」2017年2月版
 「Microsoft Azure」は、Microsoftのパブリッククラウドサービスで、PaaSとIaaSの形態で提供されている。そのサービスは早いペースで進化しているため、Azureのメリットを最大限に得ようと考えるのであれば、最新の技術情報の入手は欠かせない。 そこで本コンテンツで...(2017/4/7 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
IT環境のボトルネックを解消――課題別ストレージ選びのポイント
 データは企業がビジネスを遂行する上で不可欠なものだが、常に増え続けるデータを万全に保護し、活用できるかどうかは、その置き場所であるストレージ次第となる。そのストレージも、いまや多種多様な製品が市場に出回っており、一体どれが適しているのか、選定に悩むユ...(2017/3/24 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

技術文書
SSDの限界を超えるアプリケーション高速化、「NVDIMM」の導入効果は?
 従来のHDDを活用したストレージシステムの性能を改善する方法として、フラッシュメモリを用いた動きが目立っている。HDDより速くI/Oを実行できるフラッシュメモリを使用してボトルネックを解消する方法だ。 一方、フラッシュメモリよりも高速なI/Oに対する要求も顕在化...(2016/8/31 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
ハイパーコンバージドインフラ超入門――6つのメリットと3つの用途
 ハイパーコンバージドインフラは、今後、多くの企業が導入すると考えられているIT基盤の1つだ。しかし、サーバやストレージを統合したIT基盤であることは分かっていても、その具体的な仕組みや導入のメリットについては意外と知らないことが多い。 まず押さえておきた...(2016/8/23 提供:シスコシステムズ合同会社)

Loading