TechTargetジャパン

講演資料
データセンターの電気代半減は可能か? IT運用費を「攻めの投資」に変える方法
 ITはビジネスを効率化するツールからビジネスそのものへと変化した。しかしITコストの7割強は現行システムの保守運用で消費しているのが現状だ。この保守運用費を削減できれば、その分の投資を素早い新規サービスを提供するためのIT基盤構築への「攻めの投資」が可能に...(2014/12/19 提供:インテル株式会社)

製品資料
データセンター変革を実現する技術とは? 2wayサーバ向けプロセッサを徹底解剖
 急速に変革が進むデータセンターにおいて、プロセッサが省電力化やパフォーマンス向上、TCO削減などの面で与えるインパクトは大きい。その進化は依然として早く、処理速度向上の限界がささやかれ始めた近年でも、前世代のモデルと比べてコア数とキャッシュを20%向上さ...(2017/6/5 提供:インテル株式会社)

製品資料
進化したWindows Server 2012 R2の機能を生かすサーバ選びの鉄則
 Windows Server 2003のサポートが2015年7月で終了する。最新バージョンのWindows Server 2012 R2は、2003から大きく進化しており、仮想化や管理機能、クラウドへの最適化など多くの機能が強化されている。ハードウェアも新OSの機能を活用できる製品を選びたい。 本資料...(2015/1/5 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
仮想マシンは何台集約できる? 最新Xeonサーバの性能と消費電力を徹底検証
 今日、サーバ仮想化のメリットは広く知られるようになった。サーバ仮想化によるコスト削減効果は極めて大きく、多くの企業にとって欠かせない技術といえる。しかし、サーバ仮想化のメリットを得るには、ただ仮想化製品を導入すればよいわけではない。複数の仮想マシンが...(2012/8/2 提供:デル株式会社)

製品資料
2020年に760億ドルのアナリティクス市場で成功するカギは「最新CPU」の活用
 ビッグデータの活用に対する関心が高まる中、多くの企業がビジネスインテリジェンスとアナリティクスに向けた投資の優先度を上げている。アナリティクス市場は、2020年までに760億ドルという規模に成長するという予測もある。 成長が期待できる一方で、業績に貢献でき...(2017/9/21 提供:インテル株式会社)

技術文書
SATA SSD 8台相当のIOPSは本当か? x86サーバでNVMe対応SSDの実力を徹底検証
 従来のストレージ製品よりも高い転送速度と低いレイテンシを実現するNVMe対応SSD。サーバ製品の選定で重視される技術の1つだが、実際に導入するためには、パフォーマンスだけでなく信頼性や保守性を含めた十分な検証が求められる。 そこで、XeonプロセッサのE5-2600 v4...(2016/9/12 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

製品資料
高速データ基盤がさらに進化、「SAP HANA 2」はなぜここまで速くなったのか?
 競合他社よりも早く適切な情報や製品、サービスを提供することは多くの企業が挑戦し続ける課題といえる。今、その実現の鍵はデータにある。テクノロジーによりデータを迅速に引き出せれば、保守管理に費やす時間を減らし、より多くのリソースを変革や成長戦略に投資でき...(2017/6/6 提供:インテル株式会社)

製品資料
「ビッグデータ分析」実践ガイド:導入と活用を成功させるプランニング
 ビッグデータ技術は日々進化し続けており、最近ではIoTデバイスなどからの膨大なデータストリームをリアルタイムに処理して予測分析を行う、といったことも可能になってきた。これにより最新の情報を駆使して、より迅速なビジネス展開を実現できる。 しかし、こうした...(2017/6/1 提供:インテル株式会社)

比較資料
【徹底比較検証】HP ProLiant DL580 Gen8のSQL Server 2014ベンチマークテスト
 HP ProLiant DL580 Gen8はCPUにインテルのXeon E7 v2ファミリーを最大4基、メモリ最大3Tバイト搭載可能で、RAS機能に対応するなど高性能かつ用性と信頼性を備えたハイエンドx86サーバだ。 本資料では、HP ProLiant DL580 Gen8 Xeon E7 v2 4890 2.8GHz 4P60CをTPC-Cに準...(2014/9/26 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
「インテル×HPE」から生まれる次世代ITインフラの姿とは?
 仮想サーバ環境や仮想デスクトップ環境の統合基盤として成熟を見せつつあるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。近年、急速に進化しているHCIの将来像をインテルとHewlett Packard Enterprise(HPE)のスペシャリストはどのように見ているのだろうか。 インテルは...(2017/3/21 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
世界のアニメーションの最前線を支えるレンダリングサーバとは?
 今やアニメーションには欠かせない存在となった3DCG。その技術の進歩は早く、映像制作に関わる計算量やデータ量は増加する一方だ。その中でもコンピュータ処理で画像を生成するレンダリング工程では、光や影、物体表面の質感などを美しく表現するために、特に強力な演算...(2016/3/16 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

レポート
5年間のTCOで最大60%以上の経費削減、データベースサーバの運用を比較検証
 パブリッククラウドの活用がTCO削減の有力な方法であるのは間違いない。しかし小規模組織などでは、LAN経由でデータベースを運用する方が効率的なケースもある。 短期視点では、データベース運用はハードウェアを購入し自社内で仮想マシンを制御するより、パブリックク...(2016/3/24 提供:デル株式会社)

製品資料
マルチコアは今や業界標準〜最新版プラットフォームが紡ぎ出すエンタープライズ環境
スケーラブルな環境に欠かせないマルチコア。その突出した電力効率と性能でエンタープライズ環境とビジネスを強力にバックアップ。最新版マルチコア(クアッド/デュアル)の概要と詳細を事例を含め解説。サーバシステムのアーキテクチャ、テクノロジーは大幅な世代刷新。(2007/4/27 提供:デル株式会社)

製品資料
135カ国に広がる OpenStackを取り巻く「オープンクラウドエコシステム」とは?
 プライベートクラウドを運用する組織や、クラウドサービス事業者による、IaaSに対するニーズの多様化がますます進んでいる。複数のクラウドシステムを連携させ、より柔軟なサービスを提供する、あるいはパブリッククラウドでは対応できない、さまざまなIaaS関連サービス...(2015/7/17 提供:デル株式会社)

技術文書
信頼性の劇的向上: インテル(r) Xeon(r) プロセッサー7500番台搭載のDell PowerEdgeサーバ
 新しい RAS (信頼性、可用性、保守性) 機能が拡充されたインテル Xeon プロセッサー 7500番台は、24 時間 365 日対応のコンピューティング環境を強力にサポート可能な、劇的な性能向上とスケーラビリティ向上を果たした。 本ホワイトペーパーでは、劇的に向上した信頼...(2010/12/14 提供:デル株式会社)

事例
ビッグデータ活用でレコメンド機能を強化、DMM.comを支える高速分析基盤とは?
 2015年10月で1700万人の会員数を突破しているDMM.comグループのシステム構築と運営、Webマーケティングを手掛けているDMM.comラボ。同社は多様化する顧客のニーズに応えるため、ビッグデータを用いてユーザー特性を分析、お薦めの商品を紹介するレコメンド機能や行動分...(2017/7/20 提供:Cloudera株式会社)

レポート
「ヒトの思考のシミュレート」を可能にするビッグデータ分析の概要と条件
 かつては過剰な期待をかけたり、その効果に懐疑的であったりしたビッグデータの分析とその活用は、医療、小売業、製造業、金融業など、あらゆる分野で必須となった。しかし、ビッグデータの分析とは、具体的にどのように行われるものだろうか。 現在ではビッグデータの...(2017/9/19 提供:インテル株式会社)

技術文書
ネットワーク仮想化のパフォーマンス問題を理解、強化のポイントは?
 通信サービスプロバイダー(CSP)の間では、新サービスの迅速な投入とネットワーク運用コスト削減の両面の視点から、ネットワーク仮想化(NFV)に注目が集まっている。NFVはファイアウォールなどのネットワーク機能を専用ネットワーク機器から標準的なx86サーバ上で動作...(2017/6/9 提供:インテル株式会社)

事例
高度な3D CADからVRまで――鹿島建設の業務を支えるモバイルワークステーション
 建築物の3D CADデータにさまざまな管理系情報をひもづけたBIM(Building Information Modeling)は、建設コストの低減や施工の迅速化に欠かせない情報だ。大手総合建設会社の鹿島建設は、このBIMデータを社内外で共有できる専用プラットフォームを構築し、計画段階から...(2016/8/29 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

事例
【事例】鹿島建設がBIMを活用するために、採用した高性能ワークステーションとは
 鹿島建設は、2011年3月に東日本大震災が発生したことを受け、省エネルギーの推進やバッテリー駆動による業務継続が容易なノートブックPCに着目し、特別な事情がない限りはユーザー端末としてノートブックPCを調達することを決めており、処理性能、モバイル性、コスト・...(2016/8/29 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

製品資料
「LINPACK」だけでは評価できないコグニティブ時代のHPCシステムの新常識
 近年、多くの業界でハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)やハイパフォーマンスデータアナリティクス(HPDA)が脚光を浴びている。その背景には、モバイル、IoTといった分野におけるデータ量の急増や、その分析を支えるコグニティブコンピューティング、深層学習...(2017/5/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
x86サーバで実機検証:Windows Server 2016で構築するハイパーコンバージド
 データセンターに求められる高度なセキュリティ機能を備え、オンプレミスとクラウドのシームレスな連携を実現する「Windows Server 2016」。数々の新機能の中でも特に注目されているのが、OSの標準機能のみでハイパーコンバージドインフラ(HCI)の構築まで行える「記憶...(2017/8/29 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月16日号:LinuxでもPowerShell
 Computer Weekly日本語版 8月16日号は、以下の記事で構成されています。■「クラウド界の落ちこぼれ」だったMicrosoftがクラウド界のリーダーになる?■サーバレスコンピューティングを使ってはいけない4つのパターン■NTTドコモも導入──アジア太平洋地域で伸びるSAP...(2017/8/16 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
25%の歩留まり回復 製造業のパフォーマンスを高めるIoT技術とは
 製造現場における歩留まりや生産効率の改善、ダウンタイム低減といった課題の解決において、メーカーではデータ収集と保管に取り組んでいる。しかし、互いに連携しないFAネットワークの中では、正しいタイミングで適切な人へ情報を届けるのは難しい。また、膨大なデータ...(2015/7/23 提供:デル株式会社)

レポート
数千の診療ステーションから集めたデータをどう生かす? 遠隔医療のIoT技術とは
 「急速に進む高齢化」「長寿命化により急増する慢性疾患」「医療従事者不足」を背景に、医療業界は新たな効率化を求められている。そこで、遠隔地医療の、移動、費用、時間の大幅な削減の切り札として、IoT(Internet of Things)技術を用いた遠隔医療ソリューションに...(2015/7/23 提供:デル株式会社)

製品資料
医療機関向け「オールフラッシュストレージシステム」が注目される理由
 高機能なSSDの価格低下を背景に、オールフラッシュストレージシステムが注目されている。ストレージは迅速なデータアクセス最大のボトルネックであり、増加するデータの管理の点からも、常にコスト低減が求められる。オールフラッシュストレージはその解決策として期待...(2015/7/16 提供:デル株式会社)

事例
OpenStackで構築するソフトウェア定義インフラ、俊敏性を高めるポイントは?
 BMW Groupは、車内外の顧客体験を強化するクラウド専用アプリなどを利用して収益拡大を促進している。その一方で、既存のプライベートクラウド環境では、インタフェース開発の遅れや、アプリケーション動作環境の問題、社内メンテナンスに多くの時間・コスト・人材が必...(2017/9/8 提供:インテル株式会社)

製品資料
「OpenStack」の複雑さを解消、クラウド構築を迅速化する統合プラットフォーム
 多くの企業におけるクラウド戦略で重要な位置を占めている「OpenStack」。しかし、OpenStackの導入は容易ではなく、クラウド固有の社内スキルと経験が必須になり、サポートやサービスを複数のベンダーやオープンソースコミュニティーに合せて調整する作業が必要になると...(2017/6/2 提供:インテル株式会社)

製品資料
ハイパーコンバージドインフラの見極め方――重要ポイントを徹底検証
 現在、多くの企業がサーバ、ストレージ、SANの3階層アーキテクチャから、統合ソリューションへのアップグレードを図っている。その有力な選択肢であるハイパーコンバージドインフラ(HCI)にも、さまざまな選択肢があり、どの製品を選べばよいのか判断できずにいる企業...(2017/7/28 提供:EMCジャパン株式会社)

製品資料
クラウド基盤は何を基準に選ぶ?──IaaS・PaaS選びの「5つの要件」
 IoT、デジタルビジネス、ビッグデータ分析など、ビジネスにおけるIT活用が必須となる中で、オンプレミス環境のコストと運用管理、拡張性が問題視されるようになった。そのため、サーバやストレージ、ネットワークのリソースを月額や時間課金で利用できるIaaS(Infrastru...(2017/8/14 提供:日本電気株式会社)

Loading