2022年11月22日 05時00分 公開
特集/連載

Intelが“昔と何か違う”の正体 GPUから謎の「Unison」まで新機軸が続々CPUからファウンドリーまでIntelの新構想【第1回】

Intelがコンシューマーからデータセンター分野に至るまで、多彩な製品やサービスの開発を本格化させている。そのラインアップは、昨今のIntelとは違う何かを感じさせる。その正体とは。

関連キーワード

Intel(インテル) | GPU | CPU | Xeon | データセンター


 Intelは開発者やユーザーを同社の技術に引き付けるため、新しいCPUやGPU(グラフィックス処理装置)、スマートフォンとPCの連携機能など、さまざまな分野で取り組みを加速させている。過去数年の同社とは何かが違う。その裏には何があるのか。

GPUから謎の「Unison」まで 新生Intelの正体

 2022年9月、Intelが年次カンファレンス「Intel Innovation」において発表したことの中でまず目を引いたのは、「Intel Developer Cloud」だ。開発者はIntel Developer Cloudを通じて、Intelのプロセッサをはじめとした新製品を一般提供の前に利用できる。

 発売日の数カ月前、早ければ1年前から、開発者はIntel Developer CloudでIntel製品を利用可能になる。対象製品には、企業向けプロセッサ「Intel Xeon Scalable Processors」の第4世代(開発コードネーム「Sapphire Rapids」)や、「Intel Data Center GPU」も含まれる。

 「Intelは以前から開発者コミュニティーの育成の点で、競合のNVIDIAに後れを取ってきた」。調査会社Futurum Researchの共同設立者兼プリンシパルアナリストで、マーケティング会社Broadsuite Media GroupのCEOを務めるダン・ニューマン氏はそう語る。開発者がIntelの製品を選びやすい状況を作り上げることが、Intelにとって必要だったとニューマン氏はみる。

 もう一つ注目すべき発表は、「Android」や「iOS」といったモバイルOSを搭載するスマートフォンと、クライアントOS「Windows」を搭載するPCを連携可能にするソフトウェア「Intel Unison」だ。Intel Unisonによってデバイスを連携させると、エンドユーザーはWindows搭載PCからスマートフォンのテキストメッセージを送受信するといった操作が可能になる。

 Intel Unisonは、2021年末にIntelが買収したScreenovate Technologiesの技術に基づいている。同ソフトウェアはIntelのプロセッサシリーズ「Intel Core」の第12世代を搭載する「Intel Evo」(ノートPC向けの設計)に準拠したPCに搭載され、2022年中には市場に投入される見込みだ。Acer、HP、LenovoなどのPCがその対象になる。

 ITコンサルティング会社Pund-ITでプレジデント兼プリンシパルアナリストを務めるチャールズ・キング氏によると、Intel Developer Cloudの発表もIntel Unisonの発表も、Intelが開発者を再び重視するようになったことの証左だ。

 2017年にIntelが開発者カンファレンス「Intel Developer Forum」の廃止を決めたことは、戦略的に間違っていたとキング氏はみる。「開発者コミュニティーの重要性が増しているのに、Intelは何年も間違った方向に進み続けてきた」(キング氏)。パット・ゲルシンガー氏がIntelのCEOになり、Intelは開発者を重視する視点を改めて得たのだと同氏は評価する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news200.png

韓国と台湾の訪日旅行客 旅マエ検索データで分かった行きたい場所の傾向は?
グローバルマーケティングを手がけるアウンコンサルティングが、2023年の訪日外国人客の...

news150.jpg

新進D2CコスメブランドのCMOが激推し 「Meta Advantage+ ショッピングキャンペーン」とは?
Meta幹部はD2CコスメブランドJones Road BeautyのCMOとのラウンドテーブルで、2024年に広...

news091.jpg

2023年の動画広告市場は前年比112%の6253億円 縦型動画広告が高成長――サイバーエージェント調査
サイバーエージェントが10回目となる国内動画広告市場の調査結果を発表しました。