Web3と「Web 2.0」を比較 “4つの違い”を理解するWebのこれまでとこれから【後編】

Webはビジネスや生活を支える技術として、時代とともに進化を遂げてきた。そのうち「Web 2.0」と「Web3」の主な違いを、4つの視点から解説する。

2022年11月22日 08時15分 公開
[Kaitlin HerbertTechTarget]

関連キーワード

Web2.0 | Webアプリケーション


 「Web 2.0」と「Web3」は、どちらも「Web」つまり「World Wide Web」を指す言葉だが、両者には大きな違いがある。主な違いを以下にまとめた。

「Web 2.0」と「Web3」の4つの違い

違い1.方針

 Web 2.0は中央集権的な構造であり、ベンダーがアプリケーションなどのサービスを管理、運営している。Web3(「Web 3.0」とも)は、複数のコンピュータで正しい情報を共有する技術「ブロックチェーン」をはじめとする分散化技術に基づく。

違い2.通貨

 エンドユーザーがドル、ユーロ、ポンド、ルピーなどの法定通貨を用いるのが、Web 2.0までの常識だった。Web3では「Helium」(HNT)、「Chainlink」(LINK) 、「Filecoin」(FIL)などの暗号資産(仮想通貨)を主に用いる。

違い3.技術

 Web 2.0では非同期通信を実施する「Ajax」など、Webページを動的に制御する技術が台頭した。Web3は、人工知能(AI)技術などの自動化を推進する技術が中核を成す。

違い4.コミュニケーション世界

 ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)をはじめとする双方向のコミュニケーションは、Web 2.0がもたらした象徴的な変化だ。Web3はメタバース(巨大仮想空間)によって、物理世界と仮想世界を融合させる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...