2023年07月24日 05時00分 公開
特集/連載

IntelとNVIDIAが「ワークステーション」でまさかの協業 その本当の狙いは?プロセッサ2大巨頭が異例の発表【前編】

「CPU」や「GPU」の市場で競合することのあるIntelとNVIDIAは、共同でワークステーションを発表するという異例の動きに出た。両社の狙いは、本当に新型ワークステーションの発表だけなのか。

[Esther AjaoTechTarget]

関連キーワード

GPU | ワークステーション | CPU


 プロセッサベンダーであるIntelとNVIDIAは2023年2月、新世代ワークステーションを共同で発表するという異例の取り組みを披露した。両社は互いに「CPU」(中央処理装置)や「GPU」(グラフィックス処理装置)の市場でライバルになり得る存在だ。あえて協力体制を強調する本当の狙いはどこにあるのか。

IntelとNVIDIAが協力する“本当の狙い”はワークステーションではない?

 ワークステーションとは、シミュレーションなど高負荷の計算処理ができる“高性能PC”を指す。NVIDIAとIntelが発表したワークステーションは、両社の製品群から以下を搭載する。

  • Intel製品
    • ワークステーション向けプロセッサシリーズ「Intel Xeon W」
    • サーバ向けプロセッサシリーズ「Intel Xeon Scalable」
  • NVIDIA製品
    • ワークステーション向けGPU「NVIDIA RTX 6000 Ada Generation」
    • スマートNIC(プロセッサ搭載のネットワークインタフェースカード)「NVIDIA Mellanox ConnectX-6」

 両社によれば、新型ワークステーションが狙うのは、人工知能(AI)技術を使ったアプリケーションやレンダリング(画像や映像の描画)、シミュレーションといった用途向けの計算速度の強化だ。業種としては、製造、映像・メディア、エンターテインメント、医療・製薬などがターゲットになる。

 IntelはCPU、NVIDIAはGPUに強みを持つ。両社はある面では補完関係にあり、タッグを組むのは初めてではない。それでも今回の協力は珍しいものだと言っていい。この取り組みからは、IntelとNVIDIAの双方が、互いにある点での協力を望んでいることが推測できる。

 ワークステーションにおいて特に重要になるのは、GPUよりもCPUだ。「GPUはワークステーションに不可欠だが、ワークステーションにおける計算処理の大半はCPUが担う」。調査会社J.Gold Associatesのプレジデント兼プリンシパルアナリストのジャック・ゴールド氏はそう語る。

 ハイエンドのCPU市場は、IntelとAMD(Advanced Micro Devices)のほぼ独占状態だ。AMDは、CPUにもGPUにも重点を置いており、GPU市場ではNVIDIAの競合になる。「NVIDIAは、同社の主戦場でライバルとなるAMDと組むよりも、CPUの方に重点を置くIntelと組む方が合理的だ」(ゴールド氏)

 NVIDIAも独自CPUを手掛けてはいるものの「Intel Xeonシリーズに相当する種類のCPUを開発する意向は、NVIDIAにはない」とゴールド氏は分析する。一方のIntelにとっては、独自GPUの開発に注力する際、NVIDIAからの協力を得やすくなる利点が見込める。


 後編は、ユーザー企業がワークステーションを導入する際に考慮すべきポイントを解説する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...