2021年08月27日 05時00分 公開
特集/連載

サーバ向けプロセッサはさらに進化 Intelの第3世代、第4世代「Xeon」とは?IntelとAMDのサーバ向けプロセッサの動向【前編】

IntelとAMDのサーバ向けプロセッサは企業向けの製品に幅広く使われている。Intelが発表した新世代「Xeon」を詳しく見てみよう。

[Kurt Marko,TechTarget]

関連キーワード

Intel(インテル) | AMD | Xeon | サーバ


 IntelとAMD(Advanced Micro Devices)が競ってプロセッサの新たな計画を発表している。両社は2020年から2021年の間だけでもさまざまな新製品を打ち出している。今後のロードマップにある計画も豊富だ。

 Intelは2021年4月、サーバ向けプロセッサ「Xeon」の第3世代(開発コードネーム「Ice Lake」)を発表した。第3世代Xeonは、Intel製プロセッサの次世代アーキテクチャ「Sunny Cove」を採用している。Sunny Coveは、クライアントPC向けのプロセッサである「Core」の第10世代も採用したアーキテクチャだ。第3世代Xeonは、Intelの10ナノ製造プロセスの改良版である「10nm+」で製造している。

第3世代、第4世代Xeonの進化

 Sunny Coveのアーキテクチャにおいては、Intelは以下の改善を図った。

  • CPU間のデータ伝送をより高速にするインターコネクト「UPI」(Ultra Path Interconnect)の採用
  • 分岐予測など前処理の役割を担うフロントエンドの大容量化
  • メモリへのアクセスの遅延を抑える「TLB」(Translation Lookaside Buffer)の強化
  • ミッドレベルキャッシュ(MLC、L2キャッシュとも呼ばれる)の大容量化
  • 暗号化、圧縮、解凍処理の高速化
  • バスインタフェース「PCI Express 4.0」準拠のソケット搭載
  • メインメモリの暗号化機能「Total Memory Encryption」の搭載

 開発コードネーム「Sapphire Rapids」の次世代Xeonについても、Intelは計画を公表している。オンラインイベント「Architecture Day 2020」における同社の発表によれば、Sapphire Rapidsでは「DDR5」のメインメモリ、バスインタフェース「PCI Express 5.0」、CPUとメモリのインターコネクト「Compute Express Link 1.1」などが利用できるようになる。Sapphire Rapidsの製造開始は、2022年1〜3月期になる見込みだ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

TikTokは若者よりむしろ大人にこそ向いているかもしれないと考えられる理由
TikTok For Businessが「X世代白書〜理由が必要なX世代へ、架け橋を。〜」を発表。若者向...

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...