2021年08月28日 05時00分 公開
特集/連載

サイバー犯罪者が土日休みの「ホワイト勤務」を好む“ブラックな狙い”サイバー攻撃にも“働き方改革”?

Barracuda Networksの調査によると、脆弱性を悪用した攻撃が平日に集中している。攻撃者が週末に“休む”のはワークライフバランスのためではない。彼らはなぜ、平日に活動するのか。

[Shaun Nichols,TechTarget]

関連キーワード

脆弱性 | Exchange | ハッカー


 オフィスワーカーにとって週末は、一般的には休日だ。実は企業のシステムを狙う攻撃者も、概して同じような行動を取ることが分かった。主に平日を利用して、システムの脆弱(ぜいじゃく)性を悪用した攻撃を仕掛ける。

 ネットワークセキュリティベンダーBarracuda Networksの調査によると、サイバー攻撃の発生は月曜日から金曜日の間に集中している。攻撃者もオフィスワーカーと変わらず、“普通の勤務時間”を好む傾向があるということだ。

攻撃者の働き方はなぜ「ホワイト」なのか その“ブラック”な狙い

ITmedia マーケティング新着記事

news026.jpg

ティム・クック氏の給与明細 時価総額3兆ドル企業のCEOは平均的Apple社員の1447倍稼ぐ
巨大リンゴと姫リンゴ? 「apple to apple」とは言えない格差がさらに拡大中。

news093.jpg

2021年の炎上発生件数は1766件、前年対比24.8%増――「デジタル・クライシス白書2022」
2021年のデジタル・クライシス(ソーシャルメディアを中心としたネット上で発生した危機...

news029.jpg

若者のインスタ離れを食い止めるためにMetaが下した「古参ユーザー切り捨て」の決断
Metaの若者文化への主要な接点であるInstagramは現在、反撃を目指している。メタバースへ...