2021年08月28日 05時00分 公開
特集/連載

サイバー犯罪者が土日休みの「ホワイト勤務」を好む“ブラックな狙い”サイバー攻撃にも“働き方改革”?

Barracuda Networksの調査によると、脆弱性を悪用した攻撃が平日に集中している。攻撃者が週末に“休む”のはワークライフバランスのためではない。彼らはなぜ、平日に活動するのか。

[Shaun Nichols,TechTarget]

関連キーワード

脆弱性 | Exchange | ハッカー


 オフィスワーカーにとって週末は、一般的には休日だ。実は企業のシステムを狙う攻撃者も、概して同じような行動を取ることが分かった。主に平日を利用して、システムの脆弱(ぜいじゃく)性を悪用した攻撃を仕掛ける。

 ネットワークセキュリティベンダーBarracuda Networksの調査によると、サイバー攻撃の発生は月曜日から金曜日の間に集中している。攻撃者もオフィスワーカーと変わらず、“普通の勤務時間”を好む傾向があるということだ。

攻撃者の働き方はなぜ「ホワイト」なのか その“ブラック”な狙い

ITmedia マーケティング新着記事

news212.jpg

面白い広告は記憶に残るが、ユーモアを活用できている企業は少ない――Oracle調査
ユーモアを取り入れたブランドは支持され、ロイヤルティーが高まり、顧客は再び購入した...

news054.jpg

マクドナルドvsバーガーキング ネット戦略がウマいのはどっち?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news118.jpg

マーケターなら知っておきたい「Googleが次に可能にすること」 Google I/O 2022で発表の新機能まとめ
「検索」「地図」「ショッピング」他、Googleが年次開発者会議「Google I/O 2022」で紹介...