2021年09月03日 05時00分 公開
特集/連載

AMDのIntelとは違うサーバ向けプロセッサ戦略 新世代「Zen」とは?IntelとAMDのサーバ向けプロセッサの動向【後編】

Intelに劣らずAMDによるサーバ向けプロセッサの話題も豊富だ。AMDはコアアーキテクチャ「Zen」の新世代を発表した。どう進化するのか。

[Kurt Marko,TechTarget]

関連キーワード

Intel(インテル) | AMD | Xeon | サーバ


 前編「サーバ向けプロセッサはさらに進化 Intelの第3世代、第4世代『Xeon』とは?」の説明通り、Intelはサーバ向けプロセッサ「Xeon」の新製品を発表した。競合のAMD(Advanced Micro Devices)も新たな計画を打ち出している。

 AMDはクライアントPCとサーバ向けプロセッサの新製品を次々に発表した。特にサーバ向けプロセッサ「AMD EPYC」に搭載する第3世代のコアアーキテクチャ「Zen 3」により、コストパフォーマンスでリードすると強調している。

AMDも減速せず Intelとは異なるアプローチを採用

 Intelとは対照的に、AMDは10ナノ製造プロセスをスキップした。AMDはZen 3にTSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Company)の7ナノ製造プロセスを採用した。

 Zen 3ではL1(レベル1)キャッシュの大容量化による分岐予測の改善をはじめとした、さまざまな強化ポイントがある。最大の変更点は、4コアが16MBのL3(レベル3)キャッシュを共有する従来の設計とは異なり、8コアが32MBのL3キャッシュを共有する設計になったことだ。この設計によって、各コアが利用できるL3キャッシュが2倍になる。こうした改善により、Zen 3は前世代の「Zen 2」と比べてIPC(Instruction per Clock:サイクル当たりの処理命令数)が約19%向上するとAMDは説明する。

 AMDが公表するロードマップによれば、5ナノ製造プロセスを採用する「Zen 4」は2022年に登場する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...

news121.jpg

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。