2006年01月31日 09時10分 公開
特集/連載

2006年、ウイルス/ワームをめぐる7つのトレンド、6つの対処法Column

本記事では、ウイルス作成者たちの今年の動向を知る上で重要な7つのトレンドについて述べるとともに、これらの脅威を回避するための手段を紹介する。

[TechTarget]

 ウイルス対策ベンダーのソフォスによると、2005年にはマルウェアの攻撃が2004年と比べて48%増加し、トロイの木馬は従来型ワームの2倍の数に達し、電子メール44通につき1通の割合でウイルスが含まれていた。2005年を総括すると、マルウェアをめぐる状況は、たちの悪い若者が破壊行為を楽しむ場所から、サイバー犯罪の機会に満ち溢れた世界へと変貌した。では、ウイルス/ワームの作成者たちは、この機会をどのように利用するつもりなのだろうか。本記事では、ウイルス作成者たちの今年の動向を知る上で重要な7つのトレンドについて述べるとともに、これらの脅威を回避するための手段を紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

B2BサービスサイトにおけるCVの58%はトップページからの直行――WACUL調査
CV(コンバージョン)を目的としたWebサイトの改善に必要な施策とは何か。4つのデータに...

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...