2006年01月31日 09時10分 UPDATE
特集/連載

Column2006年、ウイルス/ワームをめぐる7つのトレンド、6つの対処法

本記事では、ウイルス作成者たちの今年の動向を知る上で重要な7つのトレンドについて述べるとともに、これらの脅威を回避するための手段を紹介する。

[TechTarget]

 ウイルス対策ベンダーのソフォスによると、2005年にはマルウェアの攻撃が2004年と比べて48%増加し、トロイの木馬は従来型ワームの2倍の数に達し、電子メール44通につき1通の割合でウイルスが含まれていた。2005年を総括すると、マルウェアをめぐる状況は、たちの悪い若者が破壊行為を楽しむ場所から、サイバー犯罪の機会に満ち溢れた世界へと変貌した。では、ウイルス/ワームの作成者たちは、この機会をどのように利用するつもりなのだろうか。本記事では、ウイルス作成者たちの今年の動向を知る上で重要な7つのトレンドについて述べるとともに、これらの脅威を回避するための手段を紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...