2006年07月11日 00時00分 公開
info Center

システム運用管理・特集サイト

[TechTarget]

特集サイト

「VMware Capacity Planner」で最適な仮想環境を診断

仮想化のシステム構成案には数値的な根拠が必要

仮想化にはシステムサイジングが欠かせない。しかしそれを経験則だけで計算するには不安が残る。明確なデータの裏づけに基づくシステムサイジングを実施するために、デルでは「VMware Capacity Planner」を利用したアセスメント・サービスで問題を解決している。


サーバルーム全体のシステム構成を見直す

消費電力の低減と高性能化を両立する新サーバソリューションの仕掛けと実力

マルチコアプロセッサの登場により、サーバのスペックも大きく進化している。しかし一方で、消費電力の増加といったデメリットが発生しているのも事実だ。ここでは、サーバのパフォーマンス向上と省電力化を両立するソリューションを紹介する。


スパム対策ソリューション「Symantec Mail Security アプライアンス」

増え続けるスパムメールを的確に排除——0.0001%の誤検知率を実現した理由とは

ここ数年で急増しているスパムメールは単に迷惑なだけでなく、下手をすれば企業の機会損失を引き起こしかねない。そのためにスパム対策は必須となるが、対策ソリューションを選ぶ際に重要なことはスパムの検知率だけでなく、「正当なメールを誤ってスパムメールにしない」ことである。


きめ細かなリカバリを実現する「Backup Exec 11d」

セキュリティを意識したバックアップとは?——毎日の面倒な作業を排除

企業におけるIT管理業務で日々行われているバックアップ。その本来の目的は、万が一データ損失した際に早急にリカバリを行うための準備である。素早く確実に、しかも簡単にリカバリを実現するバックアップソリューションを紹介する。


CASE FILE:長島・大野・常松法律事務所

コンプライアンス対応の鍵は電子メールのアーカイビングが握る!

日本最大の所属弁護士数を誇る長島・大野・常松法律事務所。業務の特性上、依頼者とのやりとりをするメールは、基幹システムそのものとなっている。肥大化するメールボックスの軽量化をアーカイブソリューションの導入によって実現した事例を見ていこう。


テクノロジーブリーフ

仮想化への大きな流れ:米国リポート

インフラストラクチャの仮想化から得られる利点は多く、既に数々の実績を上げている。特に注目されるのは、事業運営が合理化される点だ。


内部統制をセキュアに実現「DELL Secure Exchange Solution」

最新メールサーバ環境構築〜メールシステムは「周辺」を強化せよ!

メールは単なる連絡ツールではなく、ビジネスの中心を担うものとなった。しかしメールシステムは、増大するスパム、完全なデータ保持、障害時の迅速な復旧というさまざまな課題を抱えている。それらをトータルで解決し、かつ運用効率の高いメール環境を構築するための答えは、メールシステムの「周辺」強化にあった。


メールの誤送信は、金銭問題がからむトラブルの元凶!

「見積書を違う相手に送ってしまった……」を回避せよ

情報漏えいの原因は、不正アクセスやウイルス感染だけでなく、メールの誤送信によるものも無視できないレベルに達している。メールを誤送信した本人が気づきにくいため対処が遅れがちで、送信先から指摘されるまで発覚しないケースも多い。今回は、この手薄になりがちなメールの誤送信を含む、メールセキュリティ対策製品にスポットを当てる。


いち早く検証し、データベース(DB)を業界標準サーバへ移行

Eコマースサイトのパフォーマンス向上を通じ多様化する顧客化の旅行ニーズにこたえる

国内・海外のパッケージ・ツアーの申し込みから、ホテルや航空券のオンライン予約まで、あらゆる旅行ニーズに対応していく基盤として、JTBは会員制のオンライン予約サービス「JTB INFO CREW」を展開している。急増する会員に対して豊富な旅行情報を高いサービスレベルで提供し、24時間365日の安定運用を実現するため、DBサーバのマイグレーションを目的とするITインフラの再構築に踏み切った。


ウェブサイトに安全と信頼を提供する

SSLサーバ証明書「ベリサイン サーバID」

オンラインインターネットそしてブロードバンドの普及により、オンラインショッピングサイトやネットワークを利用した企業間の取引は増加の一途を辿っている。しかし、インターネットは誰もが利用できる開放されたネットワークで、コミュニケーションや取引もお互いの顔が見えない中で行っているため、多くの脅威にさらされる可能性も少なくない。


ラックマウントサーバ刷新で大幅なTCO削減を実現

サーバ1台あたり最大600万円のコストダウン

23万製品の価格比較情報を月間約842万人が利用するという「価格.com」を運営するカカクコムは、企業の成長に伴って増え続けるサーバ管理コスト、そして設置スペースの増大という問題を抱えていた。同社は、従来機種に比べて消費電力が少なく、2CPUで従来の4CPUモデルと同等のパフォーマンスを発揮する、インテルのデュアルコア(Woodcrest)搭載ラックサーバの導入を決定。設置スペースの削減だけでなく、1台あたりのSQL Serverライセンス料の大幅削減までを実現する見込みだ。


Pick Up! ホワイトペーパー

デュアルコアサーバにおけるVMware ESX Server(VI3)の性能向上

仮想化ソフトウェアVMware ESX Server 3.0のプラットフォーム性能比較検証レポート−新旧デュアルコアサーバ(インテルWoodcrest vs Paxville DP)


VMware ESX Server(VI3) バックアップ&リストアガイド

【VI3対応】 仮想マシンのバックアップ手法の解説とバックアップ時の推奨事項について紹介


無償の運用管理ツールを使いこなす!【電子メール通知機能の解説と設定方法】

PowerEdgeサーバに標準添付の運用管理ツール「OpenManage IT Assistant」を効率的に活用する