2007年05月28日 05時00分 公開
特集/連載

【Q&A】プロジェクト計画作成のポイントAsk The Expert

質問:わたしは近いうちに非常に大規模なプロジェクト――最短でも18カ月はかかる――を始めます。プロジェクト計画は、どのくらい詳細に作ればよいでしょうか。18カ月全体について同じ詳細さで作るべきですか。プロジェクトの作業を開始するには、計画全体が「完成」するのを待たなければなりませんか。

[David Christiansen,TechTarget]

 わたしは、「計画するのは行動しないのと同じ」と考えることがある。少なくとも、計画するために活動を停止する場合はそうだと思う。行動しながら計画する方がわたしの好みだ。実際に動いてみて、進行を評価し、調整する。そしてしばらく動いて、また評価と調整を行い、プロジェクトが完了するまでこのプロセスを繰り返すわけだ。

 このアプローチでは心配だろうか。身をもって知っているが、このアプローチは多くのマネジャーを心配させる。彼らはプロジェクト計画を頻繁に確認したがる。計画の大部分が作成者の想像に基づいているとしてもだ。どういうわけか、立ち上げから完了までのすべての道のりを示すプロジェクト計画さえ見れば、彼らはすっかり安心してしまう。わたしは違う。長いスパンの計画を見ると頭に浮かぶのは、期日が先であるほど、期日に遅れてしまう可能性が大きくなるということだ。砂漠のかなたにそびえる山に行き着くには、時間がかかるのと同じだ。困難な道のりが待っている。

 これはソフトウェアプロジェクト管理の単純な真実だ。期日が先であるほど、期日に遅れる可能性が飛躍的に高まる。なぜか。ソフトウェアプロジェクトのもろもろの変動要因のためだ。こうした変動要因にさらされる期間が長いほど、それらの要因が重なってしまう。

ITmedia マーケティング新着記事

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...