IPsec(Internet Protocol Security)Keywords

2007年11月22日 17時03分 公開
[TechTarget]

 IPsec(Internet Protocol Security)は、ネットワーク通信のネットワーク層やトランスポート層に対応する一連のセキュリティプロトコルのフレームワークである。以前のセキュリティアプローチでは、通信モデルのアプリケーション層でセキュリティが確保されていた。IPsecは、VPN(仮想プライベートネットワーク)の実装や、ダイヤルアップ接続によるプライベートネットワークへのリモートユーザーアクセスに特に有効とされている。IPsecの大きなメリットは、個々のユーザーのコンピュータに変更を加えることなく、セキュリティ処理を実現できることだ。Ciscoが先頭に立ってIPsecを標準(標準と技術の組み合わせ)として推進しており、自社のネットワークルータでIPsecをサポートしている。

 IPsecはセキュリティサービスの2つの選択肢を提供する。1つは、基本的にデータ送信者の認証機能を提供するAH(Authentication Header)、もう1つは、送信者認証とデータ暗号化の両方をサポートするESP(Encapsulating Security Payload)である。それぞれのサービスに関連する固有の情報は、IPヘッダに続くヘッダとしてIPパケットに挿入される。これらとは別に、ISAKMP/Oakleyプロトコルなどの鍵交換プロトコルを選択できる。

 インターネット技術の標準化を推進する任意団体Internet Engineering Task Force(IETF)が使っている正式な表記は「IPsec」だが、「IPSec」「IPSEC」と表記されることもある。

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。