センドメール、メールゲートウェイフィルタにSMTP認証機能を追加NEWS

メールゲートウェイフィルタ「Mailstream Flow Control」に、SMTP認証によるユーザー身元認証結果に基づいてユーザーごとの単位時間あたりのメール送信数制限を設定できる「SMTP 認証トラフィック制限」を新機能として追加

2008年01月10日 20時00分 公開
[TechTarget]

 センドメールは1月10日、送受信メールの通数やコネクション数などをゲートウェイで制御するメールゲートウェイフィルタ「Mailstream Flow Control」に、新機能「SMTP認証トラフィック制限」を標準搭載すると発表した。新機能を利用すれば、SMTP認証による身元認証結果に基づいてユーザーごとの単位時間当たりのメール送信数制限を設定できるため、スパマーによるISPのメールサーバからの迷惑メール送信を防止できる。

 SMTP認証は、メールを送信する際にSMTPサーバとクライアント間でユーザーアカウントとパスワードの認証を行い、認証が許可された場合のみメールを送信可能とする技術。SMTP認証トラフィック制限を搭載したMailstream Flow Controlは、既存のメールサーバに導入するだけでSMTP認証結果に基づくさまざまな設定を行える。また、現在SMTP認証を行うにはエンドユーザー側の設定変更が必要なため対応ユーザーと未対応ユーザーが混在する状況にあり、ISP各社は2種類のサーバを用意する必要があった。SMTP認証トラフィック制限により、1台のサーバで両方のユーザーへの対応が可能になる。

関連ホワイトペーパー

認証 | スパム | ISP | メールセキュリティ


ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...