MS、VS 2008 SP1などを公開、SQL Server 2008のサポート強化へNEWS

SQL Server 2008に対応し、ビジネスインテリジェンス(BI)をアプリケーションに組み込むための追加コントロールを提供。.NET Framework 3.5 SP1では軽量化を図った。

2008年08月12日 17時38分 公開
[TechTargetジャパン]

 マイクロソフトは8月12日、「Microsoft Visual Studio 2008 Service Pack 1(以下SP1)」 および「.NET Framework 3.5 SP1」の開発を8月12日に完了し、同日よりダウンロード提供を開始した

 Visual Studio 2008 SP1では、.NET Framework 3.5 SP1の新機能を基に機能強化されており、「Microsoft SQL Server 2008」を活用した開発に重点を置いた新技術を導入している。また、常時接続が困難なアプリケーションや空間情報を扱うアプリケーションの開発を容易にするとともに、ビジネスインテリジェンス(BI)をアプリケーションに組み込むための追加コントロールを開発者に提供する。

 .NET Framework 3.5 SP1では、「ADO.NET Data Services」や「ADO.NET Entity Framework」などの新機能を提供。クライアントアプリケーションに必要な機能のみを提供する「.NET Framework Client Profile」を新たに提供することで、.NET Frameworkのサイズを86.5%(197Mバイトから26.5Mバイトまで)縮小している。これにより開発者はより簡単にクライアントアプリケーションを展開でき、エンドユーザーはWindows対応アプリケーションを以前よりも迅速にダウンロード/インストールできる。

 さらに .NET Framework 3.5 SP1では、共通言語ランタイム(CLR)の機能を強化。アプリケーション起動時間を20〜45%、エンド・ツー・エンドでのアプリケーション実行時間を最大10%短縮するマネージコードの生成機能の改善や、マネージコードをWindows Vistaのセキュリティ機能であるASLR(Address Space Layout Randomization)モードで実行するためのオプションなどが含まれる。また、「Windows Presentation Foundation(WPF)」を使用したリッチクライアントアプリケーションと基幹業務アプリケーション作成機能が強化されている。

ITmedia マーケティング新着記事

news028.jpg

これからのマーケティングに関する8つの予言(無料eBook)
激動するトレンドを正しく理解することはマーケティングで成功するための第一歩。今回の...

news109.jpg

フォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」のEFO(エントリーフォーム最適化)機能が正式版に
nocoはフォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」において、β版として提供して...

news068.png

広報活動がうまくいっている企業はどのくらいある?――オズマピーアール調査
国内企業の広報担当者200人を対象に、企業広報活動の実態を調査しました。