2008年08月12日 17時38分 公開
ニュース

MS、VS 2008 SP1などを公開、SQL Server 2008のサポート強化へNEWS

SQL Server 2008に対応し、ビジネスインテリジェンス(BI)をアプリケーションに組み込むための追加コントロールを提供。.NET Framework 3.5 SP1では軽量化を図った。

[TechTargetジャパン]

 マイクロソフトは8月12日、「Microsoft Visual Studio 2008 Service Pack 1(以下SP1)」 および「.NET Framework 3.5 SP1」の開発を8月12日に完了し、同日よりダウンロード提供を開始した

 Visual Studio 2008 SP1では、.NET Framework 3.5 SP1の新機能を基に機能強化されており、「Microsoft SQL Server 2008」を活用した開発に重点を置いた新技術を導入している。また、常時接続が困難なアプリケーションや空間情報を扱うアプリケーションの開発を容易にするとともに、ビジネスインテリジェンス(BI)をアプリケーションに組み込むための追加コントロールを開発者に提供する。

 .NET Framework 3.5 SP1では、「ADO.NET Data Services」や「ADO.NET Entity Framework」などの新機能を提供。クライアントアプリケーションに必要な機能のみを提供する「.NET Framework Client Profile」を新たに提供することで、.NET Frameworkのサイズを86.5%(197Mバイトから26.5Mバイトまで)縮小している。これにより開発者はより簡単にクライアントアプリケーションを展開でき、エンドユーザーはWindows対応アプリケーションを以前よりも迅速にダウンロード/インストールできる。

 さらに .NET Framework 3.5 SP1では、共通言語ランタイム(CLR)の機能を強化。アプリケーション起動時間を20〜45%、エンド・ツー・エンドでのアプリケーション実行時間を最大10%短縮するマネージコードの生成機能の改善や、マネージコードをWindows Vistaのセキュリティ機能であるASLR(Address Space Layout Randomization)モードで実行するためのオプションなどが含まれる。また、「Windows Presentation Foundation(WPF)」を使用したリッチクライアントアプリケーションと基幹業務アプリケーション作成機能が強化されている。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...