2010年12月24日 07時30分 UPDATE
特集/連載

検索とモバイルでライバルを追撃開始Bing、Kinect……血まみれになってITパワーを維持するMicrosoft

業界におけるMicrosoftの影響力は落ちたのだろうか。その答えは、同社がモバイルからゲームコンソールまで、あらゆる分野に参入しなければならない事情に隠されているのかもしれない。

[Heather Clancy,TechTarget]

 少なくとも1年に一度は、財務アナリストの誰かが米Microsoftの長期的影響力について疑問を投げ掛ける。イノベーターとしてではなく、市場のパイオニアの失敗から学ぶ俊足の追随者として有名なのがMicrosoftだ。

 この影響力という問題は、2010年10月を境に一層重要性を増した。Microsoftが「Windows Phone 7」および「Kinect for Xbox 360」技術によってコンシューマーの心をつかむことを目指した大々的なキャンペーンを開始したからだ。その一方では、数千社のMicrosoftソリューションプロバイダーが、厳格な新Microsoftパートナープログラムの下で認定ゴールドパートナーという名誉ある地位を継続すべきかどうか迷っている。

 一部の中小パートナーによると、この資格のマーケティング価値は新たなトレーニングと認定費用に見合うほどではないという。しかし米ITソリューションプロバイダー、Baroan Technologies社長のガイ・バロン氏にとっては、十分な価値があるようだ。Baroan Technologiesは2年前にゴールドパートナーという地位を放棄したことがあるが、現在はこの資格を更新する考えだ。バロン氏は、Microsoftは技術革新をリードする企業ではないという認識を抱きながらも、「同社はしっかりとした製品を作るのに必要なリソースを持っており、特定の市場で客寄せ的な立場を取る必要がある」と指摘する。確かに、年商625億ドルのソフトウェア企業を無視するわけにはいかないだろう。

 「Microsoftが影響力を失うなどと考えている人はどうかしている」とバロン氏は話す。「Microsoftはあらゆる分野に首を突っ込む必要があるのだ。業界で何が起きているのかを知る必要があるからだ。彼らは新たな分野にかかわることによって、実際に存在する機会および影響力を発揮する方法に関する十分な知識を獲得するのだ。かかわらなければ、何も知ることができない」

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...