2011年03月03日 11時00分 公開
特集/連載

ユーザー251万の国産グループウェアをそのままSaaS化「desknet’sクラウド」中堅・中小企業向けグループウェアSaaS探究:ネオジャパン

ネオジャパンのカフェテリア方式クラウドアプリケーション「Applitus(アプリタス)」。その中核にあるのは、同社の看板グループウェアをそっくりSaaS化した「desknet’sクラウド」だ。

[富永康信,ロビンソン]

パッケージと同等機能を提供

 システムインテグレーションや受託開発で実績を積んできたネオジャパンが、Web型グループウェア「iOffice2000」のパッケージを開発・販売したのが1999年。その後、Linux版や日本初の携帯電話対応版などが好評となり、2002年にiOffice2000の後継となる「desknet’s(デスクネッツ)」が新たに開発されたことで、日本におけるメジャーグループウェア市場の一角にdesknet’sのブランドイメージが確立した。

 パートナービジネスを主としてきた同社は、2000年当時から販売パートナー企業を経由したiOffice2000のASP提供(あるいはiOffice2000の機能を取り込んだパートナー独自のサービス)を行ってはいたが、今回紹介する「desknet’sクラウド Applitus(アプリタス)」(以下、desknet’sクラウド)はそうしたサービスとは素性が異なる。パートナーが手を加え、各社によって機能に差があるASPとは異なり、desknet’sクラウドはネオジャパン純正パッケージ版と同じ機能を、最新のバージョンでオンデマンドに利用できることが特徴だ。

21のアプリケーションを自由に選択

 2006年9月から提供を開始したApplitusは、ネオジャパンが開発したアプリケーション群をSaaS(Software as a Service)型式でエンドユーザー企業に提供するクラウドサービスのブランド名である。メーカー直でのSaaS提供という点がポイントとなる。

 パッケージ型desknet’sのSaaS版であるdesknet’sクラウドを中心に、Webベースの営業マネジメントシステム「desknet’s SSS(サザン)」や、顧客対応サポートシステム「desknet’s CAMS」、大容量データ・ファイル転送システム「desknet’s DAX EXTRA」などのdesknet’sシリーズの他、中小企業向けホスティングサーバ「ApplitusServer Value」、Webベースワークフロー「X-point」といった社外システムもコラボレーションアプリケーションとして取り入れ、全21製品をラインアップ。各アプリケーションは、必要に応じて自由に取捨選択して利用できる。

画像 篠崎氏によると、Applitusはパッケージ版と同じ機能を最新の状態で提供する、同社初の直販サービスという

 「各アプリケーションは共通のプラットフォーム上から密に連携した形で利用でき、ユーザーの要望に応じたレベルでのカスタマイズにも対応している」と語るのは、ネオジャパンの執行役員でODAS営業部長を務める篠崎健一氏。「Applitusのスタンダード版となる『ベーシックプラットフォームサービス』の場合、30〜200ユーザーまでの利用を想定し、平均的な利用ユーザー数は70前後。中小企業以外に、大企業の部門単位での利用も増えている」という。

23の機能が密接に連携 使いやすさにこだわったdesknet’sクラウド

 desknet’sクラウドは、iOffice2000時代から日本の企業風土に合うよう改良を重ねてきたパッケージ版desknet’sの全23機能をそっくりそのまま利用できる。SaaSなので、更新作業などの管理者負担を大幅に軽減して常に最新の機能を低コストで利用できるのが最大のメリットとなる。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...

news152.jpg

「SFKETO」メンバーが語るMAとSFA連携 レベニュー組織の成果を最大化させるために必要なこととは?
「Marketo Engage」とSalesforceの両方を使う人々が集うコミュニティー「SFKETO(セフケ...

news141.jpg

「営業電話が世界で激減」「チャット利用急増」など コロナ禍のB2Bマーケ&営業の現状――HubSpot調べ
問い合わせに使われるチャネルの変化や案件の成約数など、HubSpotの顧客データで読むコロ...