2011年10月11日 09時00分 公開
特集/連載

パブリッククラウドのパフォーマンスを監視するオンラインリポートツールの利用クラウドの課題「パフォーマンス管理」を解決する【前編】

PaaSやIaaSプロバイダーのSLAは稼働率をカバーしているが、レスポンスタイムはカバーしていない場合がある。クラウドサービスのパフォーマンスを監視するためのツールを紹介する。

[Roger Jennings,TechTarget]

 パブリッククラウド型アプリケーションのパフォーマンスが低いと、エンドユーザーの不満を招く。PaaS(Platform as a Service)やIaaS(Infrastructure as a Service)プロバイダーのSLA(サービスレベル保証)は、稼働率をカバーしているが、全体的なレスポンスタイムはカバーしていない場合がある(関連記事クラウドコンピューティングにおけるSLAを理解する)。DevOpsチームは、幾つかのツールを使うことでクラウドコンピューティングアプリケーションのパフォーマンスを監視できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。