2011年10月11日 09時00分 UPDATE
特集/連載

クラウドの課題「パフォーマンス管理」を解決する【前編】パブリッククラウドのパフォーマンスを監視するオンラインリポートツールの利用

PaaSやIaaSプロバイダーのSLAは稼働率をカバーしているが、レスポンスタイムはカバーしていない場合がある。クラウドサービスのパフォーマンスを監視するためのツールを紹介する。

[Roger Jennings,TechTarget]

 パブリッククラウド型アプリケーションのパフォーマンスが低いと、エンドユーザーの不満を招く。PaaS(Platform as a Service)やIaaS(Infrastructure as a Service)プロバイダーのSLA(サービスレベル保証)は、稼働率をカバーしているが、全体的なレスポンスタイムはカバーしていない場合がある(関連記事クラウドコンピューティングにおけるSLAを理解する)。DevOpsチームは、幾つかのツールを使うことでクラウドコンピューティングアプリケーションのパフォーマンスを監視できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...

news155.jpg

マーケティング4.0における新効果指標「PAR(購買行動率)」と「BAR(ブランド推奨率)」について
「マーケティング4.0」時代のカスタマージャーニー「5A」の文脈ではマーケティングの生産...