2014年04月28日 08時00分 公開
特集/連載

2020年には「パーソナルクラウド」へ、変化するクライアント環境ガートナー サミット 2014リポート

2020年までに企業のクライアント環境は大きな変化を遂げる。今後のクライアント環境を考えるために、デスクトップ仮想化の現状、2020年に到来する新しいクライアント環境へのステップを提示する。

[荒井亜子,TechTargetジャパン]
ガートナー リサーチ 針生氏

 本稿では、2014年4月23日に開催された「ガートナー ITインフラストラクチャ & データセンター サミット 2014」から、ガートナー リサーチ 主席アナリスト 針生恵理氏の講演「ビジネス、テクノロジ、人の基盤を揺るがすクラウド・コンピューティングの将来シナリオ」をリポートする。企業の今後のクライアント環境を考えるために、デスクトップ仮想化の現状、2020年に到来する新しいクライアント環境へのステップを提示する。

2020年、パーソナルクラウドへ向かう

 針生氏によれば、「2020年までに、企業のクライアント環境は大きな変化を遂げる」という。企業のクライアント環境は2020年にかけて、PC中心の管理体制でITの生産性を重視する環境から、デバイスを使うユーザー個人の生産性を重視する方へ向かう。アプリケーションやコンテンツの利用方法も変わり、限られたデバイスからローカル環境にインストールしたものしか使えないという制約は取り払われる。2020年には、ユーザーは多様なデバイスを通じてデータセンターにアクセスし、個々人にひも付き最適化されたアプリケーションやコンテンツを自由に使えるようになるだろう。針生氏は、この概念を「パーソナルクラウド」と呼ぶ。

ITmedia マーケティング新着記事

news163.jpg

Tableau調査と三井住友海上の事例に学ぶ コロナ禍でも強いデータドリブン組織をどう作るか
データを大切にし、従業員がデータにアクセスしてデータに基づいた経営判断ができる組織...

news092.jpg

営業デジタル化の始め方(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...