2014年05月30日 08時00分 公開
特集/連載

採用サイトから見えるAmazonの次の動向、独自プロセッサを開発?激化する値下げ競争で勝つために

Amazon Web Services(AWS)を運営するAmazonは、ここ最近、ハードウェアエンジニアリングの専門家を積極的に採用している。これは、AmazonがARMベースのカスタムプロセッサを独自に開発するといううわさと関係がありそうだ。

[Beth Pariseau,TechTarget]

関連キーワード

Amazon | Amazon WorkSpaces | Amazon Web Services | ARM


 米Amazon Web Services(以下、Amazon)のここ最近の新規採用者の顔ぶれは、同社が自社サーバ向けにカスタムプロセッサの開発を目指していることを示唆しており、企業のIT担当者は、こうしたプロジェクトはクラウド料金の値下げにつながると期待を寄せている。

 Amazonは既にストレージやネットワーク、サーバレベルでハードウェアをカスタマイズしており、加えてプロセッサも最適化したいと考えるのは少しも意外ではない。Amazonは「CPU・システムアーキテクト」の求人情報をサイトに掲載している他、ビジネスSNSであるLinkedInのプロファイルによれば、同社は最近、ハードウェアエンジニアリングの専門家を何人か新規に採用している。いずれも、ARMプロセッサを開発していた米Calxeda(現在は事業停止)の出身者だ。

 LinkedInのプロファイルによれば、Amazonに新規に採用された人たちの肩書は、「ハードウェア開発エンジニア」「ハードウェア設計エンジニア」「シリコン最適化担当ディレクター」「ハードウェアエンジニアリングおよびシリコン最適化担当マネジャー」などとなっている。勤務地は大半が米テキサス州オースティンだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news129.jpg

「Webサイトのデジタルマーケティング実力評価診断」 エクスペリエンスとNexalがサービス開発
エクスペリエンスとNexalがそれぞれに長年手掛けてきたコンサルティングの知見を生かし、...

news046.jpg

「幸福感を広めてほしい」 コロナ禍で政府への信頼が低下する一方、ブランドへの期待感が高まる
McCann Worldgroupが「文化と新型コロナウイルスについての真実 第9回調査」の結果を発...

news118.jpg

今ツイートした人に広告配信 電通デジタルと電通が「リアルタイムキーワードターゲティング」を提供開始
広告主が配信対象とするツイートのターゲティング期間を短縮してタイムラグを解消。今ま...