2014年08月14日 15時00分 公開
特集/連載

「Chromebook」は3年で3倍の出荷台数になる――低価格PC市場は様変わりか米Gartnerが3年後の見通しを予測

日本での発売が決まり、国内外で注目を集める「Chromebook」。最新の調査によると、2017年までには1440万台の端末が販売される見通しである。低価格ノートPC市場の需要に応えるため、PCベンダー各社の動きも活発だ。

[Cliff Saran,Computer Weekly]

関連キーワード

Chromebook | Chrome OS | Google | OS


 米調査会社のGartnerは、米Googleの「Chrome OS」を搭載するノートPC「Chromebook」の販売台数が2014年に520万台に達し、2017年までには約3倍の1440万台となる見通しを発表した。

 調査によると、PCベンダーは今後、300ドル以下の低価格ノートPC市場を狙ってChromebookを展開していくという。また、Chromebookは現在、米国の教育機関を主なターゲットとしているが、この状況は変わっていくとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...